上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わたしのパリは、ここではじまって、ここで終わる。

ぱんだきっく、ワーホリ最後のレストランは・・・やっぱりAgapéでした。

最後の最後に、日本に帰ればなかなか会えなくなっちゃうYちゃんと
彼女の幼なじみのお友達と(ご結婚祝いを兼ねて)行ってきました。

みんなに出迎えられて、とっても幸せでした。
DSCN6261.jpg

DSCN6263.jpg

DSCN6265.jpg

DSCN6266.jpg

DSCN6270.jpg

DSCN6275.jpg


おまかせででお願いしましたが、またいつも通りのAgapéな料理でした。
おいしいし、今となっては懐かしいし、うれしいし
Agapéの料理を食べるというのは、わたしにとって
パリでの日々を思い返すことのようで、本当に幸せでした。

ワインはChambolle Musigny 2005 Roumierでございました。
DSCN6271.jpg

最後の最後に、あの香りに包まれて

あ~~~感無量~~~ でございました。

2日前からの発熱も何のその(・・・とか言っててあ~あ、な事になる)
まったくもって、はじめから終わりまでAgapéに包まれた夜でございました。

次に来る時には、大好きなシェフがもういないんです・・・。
それは悲しいけど、わたしもまた自分へのご褒美で
ここへ来れるようにがんばらないと、と思いました。

あぁ、ワインリストがまたマニアックになってましたよww

「え?マジで?」と言いたくなるリスト。
あれはガストロのリストかww
あんな偏った強気リスト、どこのレストランでも見た事ないぞww
おもしろいねぇ。

オーナーがサービスっていいわねぇってこういう所で実感するわ!

写真がアップできないんで、申し訳ないのですが
またアップできるようになったら載せますね。

でもAgapéは暗いので写真がうまく撮れないのです。ぶー。



スポンサーサイト
2009.09.24 l'Arpège
l'Arpège アルページュ
84 rue de Varenne
75007 Paris
tel;01 47 05 09 06
ココ?っていう外観よね。
DSCN5103.jpg

Dijonへ出発する直前のお昼に行ってきました。DSCN5105.jpg
お昼のムニュです。
今回品数多いので、写真全部載せますがごっつ長いんで。
あしからず~。

アミューズ
おいもの小さなお皿に白いのがニンニクピュレとラディッシュ。
もう一個が人参とトマト。
DSCN5113.jpg
SUSHI これすしなんやって。野菜のすし。
ミントオイルとしょうゆ。
すしの外はやわらかめな・・・ライスペーパー?
DSCN5114.jpg
Tempra 発音すると・・・「トンプハ」(笑)かわいい。
玉ねぎとか、花ズッキーニとか。
このままでいただきます。
トンプハをナイフとフォークで頑張って食べるべし!
DSCN5116.jpg
トマトのガスパチョ。
ムタールのグラス。
めっちゃおいしかった。
おいしいトマトって幸せ呼ぶよね。
DSCN5122.jpg
さらに赤い一品。
感動しました。
オニョン・ルージュとパルミジャーノ・レッジャーノのグラタン。
甘いし、パルミジャーノの程よい酸味もあるし香ばしいし
おーいーしー!!!なグラタンでした。
久しぶりに「終わってほしくない一品」でした。
DSCN5123.jpg
ポワローのリゾット。ソースはエルヴ色々。って言われた。
DSCN5125.jpg
野菜!野菜!野菜!とクスクス。
ちょ・・・またソース忘れた・・。
あかん・・・最近こればっかり。
DSCN5129.jpg
そしてヴルーテ。
「ヴルーテいっぱい出てくるでー」って言われてたけど(笑)
ポワヴロン・ヴェールとクルジェットです。
に、ジャンボン(ハム)のエスプーマ。
このヴイヨン・カップ素敵。
DSCN5130.jpg
んでメイン。
鶏か舌平目が選べました。
プレ。
DSCN5134.jpg
ソル。わたしはこれね。
おいものフュメとキャベツ。
ソースは・・・抹茶!
DSCN5135.jpg
フロマージュ。
かわいい~(持病)
コンテ2004 おいしいよー!
アミノ酸ぎっしりー!
DSCN5137.jpg
先に出てきたミニ。
DSCN5139.jpg
デセール。
来た!これ食べたかったのー!!!
Bouquet de Roseバラの花束
なんでできているでしょーか?
りんごでーす!
りんごをうすーくうすーく桂剥きにしまして、くるくる~。
それをパイに乗せてこんがり~。
かわいい~。しかもおいしい~。
あ~感動。幸せ~。
DSCN5140.jpg
まだある(笑)
DSCN5144.jpg
今度はトマト。
甘酸っぱーいトマト。
ローズマリーとヴェルヴェンヌ、ミントのグラスです(覚えてた!)
DSCN5145.jpg
では、最後にワイン。
DSCN5132_01.jpg

以上でございます。
アラン・パッサールは・・・すごかった。
醤油で始まってから、料理が進むごとに味のシャープさが減っていくのね。
かわりにどんどん野菜の甘みとか土の香りとかが強くなっていく。

はっきり言ってドン引きするくらいおいしかったです。

あ~あ、言っちゃったよ。下品ねぇ(笑)


ワインおいしかったです。
しかし・・・この料理内容だと・・・2002では役不足でした。

実は野菜なのであえてChassagne Montrachetを選んだのですが・・・
すいません。未熟でした・・・。

料理が完璧すぎます。

1+1=3

は難しい。
先日友達の家で飲んだ
Chassagne Montrachet 1er cru 2005 Ramonet
これはもう・・・完璧すぎて勘弁してって感じでしたが
おそらくこのクラスでないと難しいでしょう。

あ、それか・・・こないだ飲んだ幻の・・・(笑)
Meursault Desiree Comte Lafon 1997
だったらどうなんだろうか・・・
気絶しそう(笑)もう生きていかれへんよ。そんなん経験したら。
よかった。まだ生きれるわ、あたし。

それか・・・むっちゃ熟成したブルゴーニュの超絶おいしい赤。
それこそMusignyなんかで・・・じゅるり。おっと失礼。

これやってみたいなぁ・・・。
アルぺージュのワインリストは一見「バカ高っ!」な感じでしたが
ってか本当にいいのでないと・・・合わないよここの料理。

料理が完璧すぎる。
並みのワインでは・・・ついて行けません。

ってことで納得。



やられました。



あ~この先野菜食べる自信がない(笑)






Auberge du bois prin
69 chemin de l'hermine Les Moussoux
74400 Chamonix - Savoie
Tel : 04.50.53.33.51

素敵なお宿だったのでご紹介。
DSCN4477.jpg

まぁ・・・到着した時はもう遅かったので、これは翌朝ですが・・・。

反対の景色
DSCN4476.jpg

到着したのは、21時頃で宿ごはんのつもりじゃなかったんだけど
(オーベルジュなのにいけないわね、と元オーベルジュ勤務者は思う)
もうクッタクタでお外に出る元気なし!
真っ暗やし!!!

で、お宿のマダムに頼んでみました
「今から食事とれませんか・・・?」と
簡単なものなら大丈夫と言ってくれました。

サラダ(ショーソン仕立ての山のサラダね)
DSCN4464.jpg

フロマージュ
DSCN4467.jpg

ルブロッションにシュブロタン。
これが食べられるだけで幸せ~~~~~~。
で、ボーフォールとサレールです。

んでワイン。サヴォワ!!!
DSCN4466.jpg

このルーセットめちゃくちゃおいしかった!

呑み足りず、ドゥミを部屋入れにしてもらいました。
ソムリエさんお勧め。

ほんのり甘めなルーセット。
DSCN4471.jpg


あ~~~わたしサヴォワ~~~ な夜でした。


2009.08.24 Le Roy Soleil
Le Roy Soleil
"Le Fort" 84560 Menerbes
Tel : 04 90 72 25 61

てことで。

泳いでいい感じにぐったりしたところで、お風呂に入り

南仏で着るんやー!!!

と意気込んで買ったマキシ丈ワンピに着替え(多分もう着いひん)



この日はお宿ごはん。
夏の醍醐味。テラスレストラン。
DSCN4384.jpg

きれーねー。
DSCN4385.jpg

帆立のラビオリ。
DSCN4386.jpg
実はこの手の料理はあんまり食べません。
貝ってちょっとでも自分の許容範囲量を超えると
「うっ!!!」ってなるんです・・・。
じゃあ食べんなよって?

食べたい時もあるんです・・・。
って言いながら「うっ」くらいは来ましたが・・・。

ちょーーーーー珍しく牛のフィレです。
あまり「これ!」というものがなく、むしろ・・・
DSCN4389.jpg

一緒に出てくるこれが食べたかったから選んだ(笑)
不純な動機やなー。
DSCN4390.jpg

プロフィットロール。
ショコラじゃないの???
でもおいしかった。
DSCN4398.jpg


この日はワインがよかった。
モルドレ大好きです。
RSCN4397_01.jpg

日本に輸出してるのとはエチケットが違うのねー。

これは、もしかしたら今回の旅で一番良かったかも。



ローヌ行きたい!!!

2009.08.18 La Pierre a four
La Pierre a Four ラ・ピエール・ア・フール
17 route de Valbonne
06410 BIOT
tel: 04 93 65 60 00

ビオットの町から飛び出して3分くらい歩いた所にあります。
かわいらしいレストラン。
DSCN4277.jpg

ムニュは19ユーロで3品(*^^)v

お得~~~。

ワイン。ロゼにしました。
DSCN4276.jpg

アントレ~
いものミルフィユ いもバンザーイ!!!
DSCN4269.jpg

メインは魚にしました。
普通・・・。
DSCN4272.jpg

リンゴのパイ
DSCN4274.jpg



お値段がお値打ちですので楽しめました。
地方に行くと・・・

地方料理メインの店
レストラン
カフェ

で非常に悩みます。
この日は日曜日で宿のご主人のお勧めが開いてませんでした。
で、歩いてみてここにしました。




地方料理の店もやはり観光客向けの店もあります。

おいしいお店を聞いてみても
聞いた相手との好みが合うか合わないかもあります。

意外にカフェの方が楽しめる場合もあります。




これを全部計算して店を吟味するほどの体力を残せるのか(笑)




誰かのブログを見たり、もいいですが
食事というのは誰とどんなシチュエーションで食べるかで
まったく印象が違うものです。その方の体調にも、期待度にもよります。
結局は選んだ自分の責任。



だからこそいいお店にあたると喜びも大きくなるのです。



万人に受けるお店がいいお店ではなく、悪いお店でもなく。
自分の好みの問題だけでもなく。



そういう眼を養うために食べ歩いてみたら、偏ってしまったり(笑)



あ~「食べる」というのはまさに「生きる」ことなのね~~~。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。