上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日メトロに乗るのにホームで待ってると、新しい広告がありました。
DSCN1062.jpg

DSCN1063_01.jpg

5 Nouvelles lignes de tramway seron mises en service d'ici 4ans

話題のトラムですね。

今から4年間の間に新しいトラムを5本開通させるとのこと。
今3本通ってます。
(ほんとは4本になるのかな?経営してる会社が違うよね)
パリ市内は1つだけかな?まだ乗ったことないけど。
でも一回だけ見かけたな。

すごく もだ~ん なトラムでした。
国としてはトラムを増やすことで

騒音の軽減
空気汚染の軽減
交通渋滞の軽減
エコ化

というところが狙いらしいです。

確かに!!!

メトロをこれ以上増やしていってもどうしようもないでしょうね。
そして車が多いです、パリ。
渋滞も多い。

というかあの空気とにおいをどうにかしてほしい・・・
あのまま放置したらヤバいんじゃないのっていう油・油・油 !!!

あれは車の排ガスが原因でもあるんでしょうね・・・
見事なマリアージュですよ、ほんと・・・

でもRATPさん(パリのメトロやトラムを運営する会社)・・・
値段どんどん上がってるよね・・・



これは日本の高速道路と同じような現象でしょうか・・・

でも高速道路は「いづれ無料になります!」ってのが売りなんですよね。
まぁなかなかそうならないところは、やはリ維持費とかね・・・
色々あるんでしょう・・・んーそうなればうれしいけど、でも・・・
以前ガソリン高騰した時に

こんなに道路とか高速道路とか増やしてどーすんだ!!!これから!!!

って思いましたよ。

畑や山崩して道路きれいにして、日本はどうなるんだ!!!

って思った。正直、悲しかった。
でも原油価格高騰がおさまったから無視できることではないのよ。

消えて行った畑や山は帰ってこないのよ。

これが現実・・・


通行料金、原油価格での問題で身近なところに大きな話題がありました。

明石海峡大橋です。

でも明石海峡大橋は値段を下げることが淡路島の活性に繋がるって言って
道路公団と兵庫県が国に直訴して下げることになったんですよね。

でも一方で名物「たこフェリー」(淡路島と明石を結ぶフェリーです)は
上がる一方の(当時)ガソリン代と利用者の過疎化で
深夜便が取りやめになりました…

確かにね・・・高速道路はガソリン代はお客さん持ちじゃない?
たこフェリーは会社持ちよね。
それで一人380円で乗れるんだよ!!!

過去二回仕事帰りに乗りましたけど快適ですよ!
この船が以前は24時間営業だったというのが、本当にすごいと思う。

たこフェリーHPはこちら!!! 是非見てください!!! すごい頑張ってるから!!!

わたしはたこフェリーファンなのでなくならないでほしいです。


エコは・・・便利な世界を築いた自分達を、否定するところから始まるのかも。


坂本龍一のいう、自己否定ってこういうことなのかな・・・

進化のために必要な自己否定。

そう考えるとなんか納得かも。




スポンサーサイト
みなさまご心配おかけしました!
もうすっかり元気です!
あたたかいお言葉、お心づかい本当にありがとうございました!

明日からは暖かいみたいですし、いよいよ春ですね!


では今日は学校の話。


わたしは一日2時間の文法の授業を週に5日受けています。

これに隔週で音声学の授業一日1時間を週に5日受けます。

そして週に2回、フランスやパリの文化と歴史についての講義を受けます。


これを約3か月受けまして一つのコースとなってます。
他にもいろんなコースがあります。

わたしはMaryseに薦められてソルボンヌを選びましたが
最近ソルボンヌにして本当によかったなと思ってます。

文法のクラスは残念ながら初心者クラスではありますが
その分、先生の話している内容もほぼわかりますし
授業の中で

「フランスではこうなのよ、フランス人はこうなのよ」

と色んな話を聞けることがすごくうれしいのです。

これはMaryseから教えてもらったこともそうですが
私は何よりもフランスの文化や歴史とフランス料理の関係を
知りたくて、どぼんとこの国に飛び込んできたようなものです。

ずっと一人でいたのでは絶対にわからないであろう一番根底にある
文化をち~いさな事から知れるのは本当にありがたいです。

しかも文法の授業だけでなく
音声学の授業でも単語にまつわる話を色々聞けますし

週に二回の講義は(眠くなるんですが・・・)
ずばり


土地 文化 歴史


についての講義です。
以前はまるまる2時間 


La Gastronomie 美食


についての授業がありました。
あれは幸せやった~(*^_^*)


素敵な国だなぁと思いました。
美食がフランスという国の一部だとちゃ~んと認めていて
しかもそれを外国人の生徒達に、講義として存在させるわけですよ。

わたしはフランスのそういうところ魅せられてしまったわけですから
もしかするとフランスという国にとっては

しめしめ

なのかもしれませんね(笑)

11日からヴァカンスですが、その前のテストでやられそうな気がします・・・
しっかり勉強して、納得のいく点数でヴァカンスに入りたいですね。

がんばります!
2009.03.28 崩壊
さぁ、崩壊への準備はすべて整いました!!!

いざ!日曜日!!!


おきれない


とにかく気持ち悪い。
まだ前日のあの臭いにつつまれてるような気すらする・・・

なんかぐるんぐるんする・・・

いや、気のせいじゃない?
昨日飲んだし、疲れくらいあるやろ!

と思って果物とペリエを買いたくて
ラスパイユのビオマルシェに行って
おいしい果物食べればすっきりするよ!
と思ったが・・・


歩けない


仕方がないので途中のスーパーで少し買い物して
でもフルーツは買って帰って来ました。


関節いたい


KOです。
完全にやられました・・・
実はこのあたりの時間帯、一番しんどかったんですよね。

ほぼ覚えてない!!!

なんか妹とかとメールとかしてたんですが
本当にあんまり覚えてません。

で、ヨーグルトとか少し食べて爆睡。

何度かそれを繰り返すも
起きるたびに胃が痛い。

お風呂に入らないほうがいいのかどうか悩みましたが
臭いの呪縛から解き放たれたくて入りました。

そしたらちょっと温まったのか
若干胃痛が収まりました。

学校だけは絶対休まないぞ!!!
休んでなるものか!!!!


と思いそのまま就寝。



翌日、前日ほどではないがまだしんどい。

でも学校は行けそうでよかった。
というか1日にたった3時間しかない貴重な時間を
風邪や胃痛なんぞで休むなんてもったいない!!!

とケチ丸出しで頑張っていきました。
同じクラスのお友達がすごく心配してくれて

みんなお米買ってきてくれたり、お味噌汁くれたり
親戚の人が漬けた梅干しをもらったり・・・

あたたかい心づかいに、ぱんだきっく感謝感激です。

Yちゃん、Yちゃん、Mちゃん本当にありがとう。

本当に言い尽くせないくらい感謝してます。


フランス来てから、たくさんの人に助けられてばっかりで
情けないったらありゃしないって状態ですが
本当に出会いって素敵です。

わたしのおバカな経験も、いつか何かの役に立てたらなぁと思います。

お米があるおかげでおじやが作れるので、最近は毎日おじやを食べてます。
おいしいよ。おじや!!!

今日もおじや!!!


今日も!


感謝!!!

ワイン会に参加するのに

この鼻

終わってる。と思ったけど
ワインの香りかいだら結構マシになりました。

この会はフランス人と日本人の交流の場でも
あるということで、半分くらいは日本の方。
現地にずっとお住まいの方も来られてて
皆さんフランス語お上手でした。

テーマはラングドックの赤です
DSCN0940.jpg

DSCN0938_01.jpg

DSCN0942.jpg

DSCN0944.jpg

DSCN0945.jpg

DSCN0947.jpg

以上です。
個人的意見として。

ラングドック?って感じだった。
ラングドックの赤 と言われて想像するワインは

しっかりした果実実があって、凝縮感もあって
酸はさほど強くないが、渋すぎるわけでもない。
余韻の長さは特筆ではないけど、コストパフォーマンスの良いもの多し


ですかね。
う~ん、これはわたしの固定観念ですかね。
なのでこの予想をはずしてきたラインというのは
「?」と思ったと言えるかもしれません。
気になったのは

ラングドックの赤にも「軽く造ろう」な風潮があるのか。

いや、若いからということもあるでしょう。
しかしこの「軽く造ろう」があるのかは
それとは別で気になります。

私のフランス語がかなり情けないせいで
まったくもってそれぞれのワインがどういう造りなのか
造り手の意図なども全然理解できてないのです。

すいません・・・

まぁ個人が選んだワインなので
その方の好みも反映されるとは思います。

しかし・・・体調悪くて全然飲めなかったよ・・・

帰りのメトロで気持ち悪くなって途中下車して
椅子に座って、落ち着いてから帰りました。


きもちわるい・・・


そして、翌日・・・
2009.03.27 くさい
土曜日はエシャンジュの後
Kくんに誘っていただいたワイン会に参加。

エシャンジュにはDちゃんと一緒に参加しました。
Dちゃん普段からかなり頑張って働いてるので
フランス人と知り合う機会があれば、また楽しみも増えるかな、と。

この日はフランス人の若者たちとしゃべりました。

みんなやっぱりマンガ好きね。
そして東京好きね。

マンガが好きな子ってやっぱりボキャブラリーが豊富だわ。

サブカルチャーの威力はすごいなと感心。
そっちから攻めるのも大いにありだな、と思いました。

わたしも初めて使う単語とか使ってみたりしました。

まぁまぁ楽しくやってたのですが


ここで、ある


におい


にやられました(わー臭そうな色・笑)


いや、厳密には臭いの正体はつかめてません、が
実は前回のこの会でも同じ臭いに襲われて
わたしず~~~~~っと鼻押えて、自分の手をクンクンしてました(笑)

では、この臭いを表現してみましょう

よっちゃんイカをさらに酢漬けにして
そのまま乾燥させて
廃油に付け込んだような
しかもそれが繰り返されて
数か月たちました


っていう感じ。
その後メトロに乗ったらほぼ同じ臭いがして
マジでメトロ内で

ふら

っと来た!!!
ヤバい!と思って座りましたがその後は大丈夫。

で、そのままワイン会へ。

もうこの時すでに私の鼻はかなり
毒づけ状態で、その臭いから離れても
鼻に臭いが残ってて、すっっっごく気持ち悪かった!!!



あ~~~~~~~~~


く~~~~~~さ~~~~~~い




つづく。

Café Constant
139, rue Saint-Dominique 75007 Paris
12h -14h30 le déjeuner
19h00 - 22h30 le dîner
日・月 お休み
Tél.: 01 47 53 73 34
Café Constant のHPです

さぁ!まだ食べます!
今週は初めてクラスメイトとディナー!!

L'ami Jeanへ行こう!

と言ってたのですが満席(さすが)
で、カフェ・コンスタンへ行きました。

では参りましょう!

Entrée
Terrine de Fois Gras
DSCN0929.jpg
これおいしかったんだけど
甘いのがほしかった・・・
前回のFishはFois Grasにベルガモットのジュレを添えた物が、
メニューにあってそれがかなり気になりました。

ジュレ好き の ハーブ好き

はい続いてメイン
Agneau de laitですっっ!!!
まだ超赤ちゃんの仔羊で
ママのおっぱいを飲んでいる仔羊です。
草や飼料を食べてませんので、身が柔らかく
癖が少ないのが特徴です。
DSCN0932.jpg

これめっちゃおいしかった!!!
火入れが絶妙です!
やはりお肉は味も大事だけど


火入れ命


って書いて大阪のHAJIME思い出した。
あれは見事でした!!!


で、ワイン
まずグラスでシャンパーニュ飲んで、マコンをピシェで。その後
DSCN0931.jpg

はい来たローヌ(笑)
はい、おいしかったです。
が、Agneau de laitのail(にんにく)の香りの印象が強いですね。
軽やかながらスパイシーで合ってたんですけどね。
でもにんにくの印象が強いな(笑)

こっちのにんにくって、すごく香りが強い気がします。
多分本当にそうなんだと思う。
日本の方が・・・エレガント?(笑)

Desserts
Tarte aux Pommes またかよっ!!
でもTraditionの食べ比べって楽しいのよ。
DSCN0934.jpg

・・・・・Dessersは普通。
いたって普通です。
Riz au laitを食べたらもうちょっとよくわかったかもしんないけどね・・・
お腹いっぱいでした!!!!!

でもここはお店の若いスタッフはみ~んなサンパで
とても楽しく過ごせました!
Gigondasもピシェで飲ませてくれるともっとサンパ
って言いすぎだな・・・(笑)

はぁ~今日もいっぱい食べました~。

同じクラスながら、学生ながら初めてそろって食事に来ました。
ご近所のYちゃんはワイン大好きとのことで
また色々食べに行きたいと思いま~す!!!



さて・・・この後・・・・・・・・・(笑)
Kちゃんがエシャンジュしている
Michaelとエシャンジュさせていただくことになり
初めてのマンツーマンエシャンジュをしました。

待ち合わせの場所に行く前にこんなかわいいものを発見!!!
DSCN0925.jpg

わかります?
チーズをサーヴするようのサーヴァーです。

柄のとこがね、チーズの形で、ねずみくんがついてるの。

これ見つけた瞬間

これ買うためにフランス来たんや!!!

って若干本気で思いました。
もちろん即買い。

ここのお店は食器やカトラリーがたーくさんありました。
どれもかわいくてすごく安い!!!
DSCN0911.jpg

しかもチェーン店みたいですね。
ここはまた来ようと思います。

で? あ、エシャンジュね(笑)
そうそう、Michaelは26歳とまだ若いですが日本語を勉強し出して
2年だそう。しかし上手よ~。漢字も読めますし。
検定用の本で勉強してるから難しい言葉も知ってます。

そして彼は、わたしの先輩ソムリエに非常によく似てます。

外見が似てるの。身長も似てます(笑)

その日はなんやかんやしゃべりましたが
彼はわたしのつたないフランス語をちゃんと聞いてくれるし

「間違ってないからそんまま喋ってみて」

と言ってくれるのが非常にありがたかったです。


Michaelと音楽の話になりましたが
なんと彼は鬼束ちひろが好き 、という驚愕の事実を知り
わたしは本気でびっくりしました。

わたしと旧知の仲である、友人の皆様はよくご存じかと
思いますがわたしは自他ともに認める

鬼束ちひろ好き です

日本人だとね、好きな人はすごく好きなんですが
フランスで、フランス人からその名前を聞くことになるとは!
わたしは思わずMichaelの肩をつかみ

Moi aussi !!!  あたしもやで!!!

と言いました(笑)

で、「そろそろ帰る~?」と言うと
お腹すいたって言うのでじゃあ帰るか、と思いきや

「ごはんたべにいこ」

22時半ですが本気ですか・・・・?

本気でした。
そこで選んだパスタが 4種類のチーズ のソース
(パスタが問題ではなく、この時間に食べたことが問題なのですが)

このパスタが土星が降ってきたかってくらい重かった・・・・

な~んか具合悪くなりつつ初めてのエシャンジュは
なんと0時まで繰り広げられたのです・・・

これ以前にもここ最近家ではパスタばっかりでねぇ・・・

カリフラワーのクリームソース、チーズどっさり。
これはパスタがおいしかった(by ボン・マルシェ )
DSCN0907.jpg

この日を境に胃の調子が・・・おかしくなっていく・・・
2009.03.26 食べます
Fish La Boissonnerie
69 rue de Saine 75006 Paris
M 10 Odéon
月曜定休12:30~14:30
      19:00~22:45
Tel:01 43 54 34 69

はい~またKちゃんとランチ~。

イギリス人がやってるお店と聞きましたが、なかなかの人気のよう。

「Fishって店の名前やから、今日は魚や~」

牡蠣のヴィシソワーズ(すいません写真がない)

ソーモングリエのリゾット、ウフポッシェ添え
DSCN0917.jpg

クレームブリュレ
DSCN0920.jpg

以上です。


満腹・・・・・・




崩壊への序曲・・・・・・




2009.03.21 parismaige 3
さて、maigeとの楽しい時間も残りわずか。

もちろん夜はせっま~いベッドで一緒に寝てます(笑)

で、3日目はDちゃんちでまた(笑)fête!

Dちゃんお米を調達したので来てください!
と言ってくれたので、まだD家にない
「まな板」を入手し、maigeとMONOPRIで買い物して
バスティーユからてくてく歩いてD家へ。

簡単ですがサラダを作り
その上からとろとろに火を通したChèvreをかけました。

Dちゃんはビーフストロガノフを作ってくれました!

お米ね・・・真珠米・・・Made in America(笑)

日本のお米だと思って買ったのにね。
じゃあそんな名前にすんなよ!って感じやね。

さーそっから食べるわ飲むわ。
しゃべる。嵐のDVD見る←わたしはわからん(ToT)/~~~

またこれ女3人でよー喋りました。

そして更に翌日また3人で今度はサン・ルイ島へ。
初めて行きましたがなんかかわいいお店とかもあって
楽しいとこですね。

そしてマレへ。

桜が咲いてました!
DSCN0887.jpg

すんげかっこいいコートを発見するも・・・
550ユーロ。 ち~ん。 無理(T_T)

ポンピドゥーへ行き
道でたたき売りのストール(2ユーロ)を一人一枚ずつ買って


お別れ(ToT)/~~~


その後maigeと自宅へ戻り、19時半くらいには
maigeもだんなさんの元へ(某国へ)帰って行きました。


は~楽しい4日間でした!
パリで会えたというだけでも本当にうれしかったです。


パリっていうか途中から六甲道みたいやったけど(笑)
わたしがフランスにいる間にまた会えると思います。
それまでがんばらなね~。

またね~
2009.03.21 parismaige 2
Chez Michel
10 rue de Belzunce
75010 Paris FRANCE
TEL : 01 44 53 06 20
METRO : Poissonniere

*営業時間
平日:月曜〜土曜
    12:00〜14:00
     19:00〜24:00
休み:土・日・月曜のランチ

翌日の朝、maigeが我が家にやってきました!

ダンナさんは朝早く某国へ(笑)帰られたので
今日から2日間maigeは我が家にご宿泊です!

ほんませまくてごめんなさい、な我が家に来てくれるって
多分もうないと思います(笑)

わたしは学校だったのでほぼそのまま行ってきます状態。

お昼にもう一度ボン・マルシェで待ち合わせして
二人でバゲットはんぶんこしてうろうろ。

一度我が家に戻り、ケーキを食べ(いつも)
その日の夕食をどうするか協議。

協議の結果・・・

昔一緒に働いてたSさんが働いている

Chez Michelへ!!!

早い時間に行ったのでまだ私たちで二組目。

Sさんに連絡がつかなかったので席に着いてから
「Sさんいますか?会いたいんです」
とサービスのお姉さんに言うと

「Sサ~ン」

と呼んでくれて、Sさんもビックリの再会!

突然来てしまってごめんなさいって感じでしたが
会えて本当にうれしかったです。

で、料理!
アミューズの・・・なんか貝(笑)
DSCN0865.jpg
maigeのスープ・ド・ポワッソン
DSCN0869.jpg
私のアントレ シェーヴルのラザニア
DSCN0866.jpg

maigeのSt-Pierre
DSCN0873.jpg
わたしのPigeon!!!!!
DSCN0870.jpg

Fromages 
オーダーすると1テーブルに1プレート出てくるみたい
お好きにどうぞ、状態
DSCN0875.jpg

maigeのParis-Brest
DSCN0877.jpg
わたしのチョコのムース
DSCN0878.jpg

以上です!
鳩のガルニチュールがnavets(蕪)なのが涙ものでした!
イモじゃないんだよ!

ちなみに・・・ガルニまで全部残さず食べました!!!


隣に、キュイジニェと思われる日本人男性が一人で
来店され、わたしの鳩を見て
「それなんですか?」
と聞かれました(笑)
「鳩です!おいしいですよ!」
というと彼も鳩を選んでました!

その後その彼と3人で厨房見学をさせていただきました!!!

Sさん本当にありがとう!

しかし昼にいかないと写真がきれいに撮れない・・・
2009.03.21 Parismaige 1
さてさて、しばらく更新してませんでしたが
試飲会の後、昔一緒に働いてた、フランスワーホリの先輩
でもあるmaigeがパリへ遊びに来てくれました!

新婚です。

初日は旧知の仲の旦那も一緒で、3人でうろついて楽しかった。


ランチしに行って
CAFE DE FLORE へ行き(また)
Tarte Tatinを食べ(また)

夕方からバスティーユ近くの友達のお家でfête(また)だったので
ワインを調達しに行き

DSCN0864.jpg

DSCN0863.jpg

あれ?Champagneの写真がない・・・
なんでや・・・
あ!!!Grand Vin Ch松ちゃんの写真もない!!!

残念・・・


友人カップルのお家へ。
彼氏がキュイジニェって素敵ですね!
DSCN0861.jpg

バーニャカウダまであったよ!!!

おいしかったです!!!

実はここに集まったメンバーは時期は少しづつ違ってたりしますが
全員同じレストランで働いてました。

そして全員フランス料理を仕事としてやっている中で
いつかフランス行きたい!
という夢(野望)を持ち、ついにこの日ここに
集結してしまったわけです。

ここに集まった以外にも、過去にフランス来てる人ももちろんいて
その人たちのフランスでの話を聞くたびに

「いいなぁ、わたしも行きたいなぁ」

って思いながら働いてました。

この人たちと働いていた時期が今の私の原点なんだ
って改めて思いました。


パリでこの5人が再開するというのは
とっても不思議で、かつとっても感慨深いものがありました。

昔の仕事の話、これから先の話
みんな色々な経験をしてきて、話も尽きません。

もうなんか言葉にならない感覚がありましたね。
全然昔に戻ったみたい、とかじゃないのに


みんながんばってきたし、がんばってるんだなぁと。


結局この日は終電を逃すほど喋り倒し、楽しい夜を過ごしました。

maige Tさん Dちゃん Kさん

パリで会えてとっても嬉しかったです。
まだパリで会うチャンスあるし、ぜひ会いましょう!

ありがとう!

先日エシャンジュで知り合った、ワーホリで来ているK君に
誘っていただいて、フランスへ来て初めての試飲会に参加しました。

DSCN0840.jpg

テーマはオーベルニュのチーズと南仏ワイン

というとっても魅惑的な内容(*^_^*)

こういうお誘いって本当にありがたいです。
いや、ワイン関係の雑誌買って調べたりしないとダメね。
でも試飲会となると、決まった人のところにしか
情報が行かなかったりしますからね。

DSCN0839.jpg

こんな感じで親切にも

 チーズの種類
 ワイン
 パン

の種類が紹介されてプレゼンされてました。

DSCN0828.jpg

すんごいおいしかったFourme d'Ambert
DSCN0836.jpg

レストランの一角で賑やかにやってまして、とっても楽しかったです。

しかし・・・チーズがね・・・どれもこれもカットが大きいの・・・

カンタルとか、TOOTH TOOTHのタルトみたいな大きさよ(笑)
それにパンを食べるでしょ、お腹けっこういっぱいになったよ・・・


この日はもう恥もかき捨て状態で喋れることは喋れ!!!


状態ですごく楽しかった!
わたしフランス語しゃべって楽しいなって思うこと少ないのよね・・・

喋る楽しみにまで進歩で来てないのかな・・・

でもこの日は楽しかった!
自分の好きなものがたくさんあってリラックスできたのかもしれません。

K君、誘ってくれて本当にありがとう!!!


その後、K君と、今回の試飲会のお話をくださった方と3人でお食事に。

Sorbonne近くの「フレンチ居酒屋 遊鈴」
DSCN0856.jpg

この看板・・・ソルボンヌの「パリ文明講座」のロゴとそっくりなんですよね(笑)
わざとなのかなぁ。かわいいです。

DSCN0849.jpg

日本酒もワインも焼酎もあります。
お料理はこれがかなりのチャレンジャー!って思わせるような
日本人に合いやすい、塩控えめ、とっても軽いフレンチです。

日本人の私が、試飲会後(チーズもあり)でかなりホッとする
味付けだったので、かなり軽いですよ。

ワインも
DSCN0841.jpg
Sauvignon Blancで優し~い穏やか~な気分になりました。

いや、試飲会が「南仏ワイン」でしょ?
元気一杯のワインに出会えた後で、しとやかな女性に出会った気分でした。

Dessertがおいしかった(ほかほかTarte Tatin)
DSCN0854.jpg


はいっ!!!

今日も!

出会いに!!!

感謝!!!!!
さて、みなさんわたしが遊んでばっかりいると思いかもしれませんが
学校は真面目に行ってますよ。

イモパリ中は夜遅く帰ってきて、復習と宿題をやり
朝お風呂に入って、学校へ行って、学校終わってから遊んでました。

ご心配なく!!!

で、たまには学校の話題に触れましょう。

入学後、すぐの頃はこのクラスで本当に後悔しないのだろうか
って思ってたんですね。というのは基礎すぎるんじゃないかと・・・

アジア人の受講者ってヨーロッパ諸国の生徒に比べると年齢も上ですし
言語習得に苦労もしますし、ちょっとこれはクラスの選択間違ったな
なんてのは許されないわけです。もう一度学生ビザを取らない限り
一生に一度のソルボンヌですから。

しかし、フランス語をもう12年以上勉強している友達に相談したところ


そのクラスでやっている内容で
必ず毎回100点が取れるならクラスをかえるべき
そうでないならまだ習得すべきことがあるという事ですよ。



と言われ、はっ!と思いました。

しかもわたしは一番大事な基礎を学校できちんと習っていないので
それをフランスで一番といわれる、ソルボンヌのプログラムで
学べるなら、そんなうれしい事はないじゃないか、と思ったんです。

それからは迷いも捨てて勉強してます。

そして友達が言ったように、満点取れないんですよね。


すっごい悔しいです!!!


あたしってなんてツメが甘いのかしらって思うのですが
本当に、満点取るのってちゃ~んとやらないとだめですね。

しかし先生の話もわかりやすいし、楽しいし、わたしは
このクラスで、この先生でよかったなと思ってます。

しかしやはり人と人なので、合わないと思う人もいるでしょうね・・・

そうなるとすごく気の毒です・・・


苦手だった「冠詞」の間違いが最近極端に減りました。
今やっている範囲だと何がわからなかったのか
自分でもよく分からないくらい順調です。

これはわたしにするとかなりの進歩なんですよね。
これも奥が深いので多分またどっかでつまずきますが
今回はごく自然にコツコツやって、クリアできたなという感じがするのです。

わたしそういうの少ないんですよね。

動物占いチーターやから。

諦めの早いチャレンジャー

やから(笑)

よく諦めずにフランス来たなって思います。

4月に復活祭のバカンスがありますが
毎週金曜日のテストで、毎回納得のいく点をとり
晴れやかな気分でバカンスを迎えたいと思います!!!
なんかこのまま帰国してしまいそうなくらい観光してるな(笑)

いえいえ、まだわたしのフランスは終われません。
妹はその後帰国直前に若干体調を崩してしまいました。

ちょっとわたしのスケジュール・・・キツかったかも・・・

というか、このパリを歩きまわるという点において
わたしは慣れてきてたんでしょうね。

自分の足腰の強さを認識しました。

初めての妹との旅行が、パリというのもすごいと思いますが
妹もよくがんばって一人で来て、ひとりで帰れたなぁと思います。

しかし、その裏では、空港でバスに乗る時に助けてくださった方も
いらっしゃったようで、帰りのバスに乗る時に送りにモンパルナスまで
行ったら、偶然その方々にお会いできて、お礼だけ言わせていただきました。

今回本当にギリギリまで来れるかどうかわからなかったのですが
姉妹で貴重な経験ができて本当にうれしかったです。

周りの人の理解と協力がなければ、一生できない経験をさせていただきました。
ありがとうございました。


日本に帰ったらがんばって家族孝行いたします。


そして困っている人がいれば助けてあげたいと思います。




最後に妹よ。


健康管理には気をつけましょう。
そして運動して丈夫な体をつくりましょう。


また旅行しましょう。

まぁね、あれよ。

浮かれてアホなことしたくなるわけよ。

連写スタート!!
DSCN0740.jpg

走ります!
DSCN0742.jpg

よく分からんが飛んでみる
DSCN0744.jpg

もう一回飛んでみる(足を閉じろ)
DSCN0746.jpg

年甲斐もなく走り抜ける
DSCN0747.jpg


DSCN0700.jpg

わたし
DSCN0702.jpg


で、筋肉痛。
ち~ん。
2009.03.16 イモパリ 6
で、6日目

実は前日家で晩御飯食べてからエッフェル塔行ったけど
定時のキラキラ見て浮かれてたら

「今日はもう終わり。明日来な」

ってノートルダム・ド・パリに続く2回目・・・

じゃあクライマックスにエッフェル塔にしました。


この日はもうルーヴル行こうか!

って行ったら忘れてました、火曜日定休。ごめん。
DSCN0765.jpg



St-Honoré通りを歩いて牡蠣を食べました
DSCN0771.jpg

マドレーヌ教会
DSCN0784.jpg

DSCN0782.jpg

そして念願の・・・La Tour Eiffel

DSCN0814.jpg

DSCN0795.jpg

ここの一番上・・・ごっさ怖いで・・・


そして帰りに
L'Affrioléへ。
DSCN0822.jpg

この Rie d'Agneau がめっちゃおいしかった!!!
DSCN0819.jpg

軽さに対するアプローチがかなり積極的。

しかし、伝統的にしっかりした味の物は
そのまま楽しんでくださいという感じでした。

ここはビストロというよりはちょっとレストランっぽかったね。

しかし、サービスのお兄さん、日本人だからって
私達のテーブルだけ、メインの後

「このままデセールか、その前にフロマージュか」

って聞かなかった・・・

日本人だから飲まないとか(ワイン用のグラスすぐ下げられた)
フロマージュもサジェッションしないとか、決め付けはねぇ・・・

わたしも気をつけよ~っと。


2009.03.15 イモパリ 5
イモパリ 5日目
そろそろ帰国の気配ですね。

そういえば妹がRepetteで靴を買いました。
わたしも帰国する時には買いたいなぁ。


この日は前日行けなかったノートルダム・ド・パリの塔の上へ!!!

せま~い階段を上っていくので、入場制限があります。
結構並んで待ちました。

DSCN0599.jpg

DSCN0639.jpg

すごいですよ!
パリを一望とはこのこと!


むっちゃ上るけど。

むっちゃ息切れるけど。

もう年じゃない?って思うけど(笑)


これは上った方がいい!!!

DSCN0649.jpg


はーすごかった。
その後バスティーユあたりをぶらつき


サクレクール寺院へ!!!

DSCN0650.jpg


DSCN0659.jpg

DSCN0664.jpg

モンマルトルの丘から見る夕暮れのパリ
DSCN0662.jpg

前日ポンピドゥーから見たサクレクール寺院も素敵でした。
やっぱりここは夜、ライトアップされたあとがすっごいキレイ!!!

感激でした!

このライトアップを待つのにショコラ・ショ飲みましたから!



そして美しいのは外側だけでなく
サクレクール寺院は聖堂がすっごいキレイだった!!!!!

残念ながらサクレクール寺院内は撮影禁止でしたが
撮りたくなくなるくらい綺麗だった!!!

教会はやっぱいすごい・・・


なんというか、これだけたくさんの人の気持ちを支えてきた
キリスト教ってすごいなぁって本当に思いますね。


ワインだって、キリスト教がなければ、キリスト教がミサに必要な物
という風にしなければどうだったのでしょう・・・?


宗教と生活が密着しているところでの生活は、日本人は色々考えます。

2009.03.15 イモパリ 4
普段一緒に住んでいても
7つ年下の妹とこんなに一緒に行動したことありません(笑)

イモパリ4日目。 早いね!

サンジェルマンのホテルをアウトし、一度自宅に帰り
(これがダサいよね・笑)
そして

le premier dimanche

を満喫しに一路!シテ島へ!

初めてRER乗りましたが、薄暗くて治安悪いって言われる理由がわかるような。
つまり、そのイメージからということ。実際にはどうなんでしょ。
しかし帰国の時は絶対RERでCDGまで行くぞ!!!

今日の予定は

サント・シャペル
DSCN0541.jpg

コンシェルジュリー
DSCN0559.jpg

革命で処刑された人の碑
元国王も元王妃も一市民扱いです
みんな写真撮ってました。

マリーアントワネット
DSCN0553.jpg
ルイ16世
DSCN0552.jpg

ノートルダム・ド・パリ
DSCN0595.jpg
DSCN0580.jpg

オランジュリー美術館←結局行けない
近代美術館      ←オランジュリーの代わりに行った

凱旋門(から見た景色)
DSCN0585.jpg

というガイドでもここまでタイトな予定組む?と言われそうな一日。
しかし時間がありませんので!
ぶっ倒れるまで歩け!状態でした(笑)

結局オランジュリー美術館に行く時間はとてもじゃないけどとれなくて断念・・・

わたしはまた行けるけどさ、妹に「睡蓮」見せてやりたかったのよね。

まぁ第一日曜日はパリのいろーんな美術館などが入場料無料になります!
学校でも前日は

「明日は第一日曜日なのでミュゼに行くのよ~!!!」

と言われました。

合言葉は「Gratuit タダ」状態。


しかし・・・教会ってのはキリスト教信者じゃなくても
あんなに心が洗われるような感覚になるんですね・・・

きれいなのよね。
信仰だけじゃなくて、すっごく綺麗なの!

すごいって思った。


ノートルダム・ド・パリの塔に登りたかったのに
時間が来たからもうダメ、明日来なって言われてショックでした。

その後、Hôtel de Ville前の激しいスケートを見て笑い。

ポンピドゥーへ行き、妹の一番好きそうな現代アートにまみれ。


晩御飯を食べて凱旋門へ!!!
もうね・・・フラフラ(笑)


いや~すごい一日やったねぇ。



2009.03.15 イモパリ 3
前日歩きすぎましたが、ゆっくり寝ている暇はありません!

朝早くから起きて!
いつものパン屋 Jocteur でパン・オ・ショコラとショコラ・ショを飲み
メトロに乗って!!!

ヴァンブ蚤の市へ!!!

よ~け歩いたで~(笑)


ここの蚤の市は細長~くなっていて、終点まで行きませんでした。
実はこのあとヴェルサイユへ行く予定でしたが、それは中止。


蚤の市の後は一度家へ帰り、サンジェルマン・デ・プレのホテルを予約していたので
行ってきました。オペラへ行って、なぜかラーメンを食べ(笑)

それから CAFE DE FLORE に行ってTARTE TATINを食べました!

このタタンがすんごいおいしかった!!!
11ユーロもしますが!
一度は食べるべし!!!

満足満足!!

そしてホテルへ。

Pas de Caraisというホテルでしたが、実は最初の部屋が
なんか傾いてて気持ち悪くなってしまし、部屋を換えてもらいました・・・

我慢できるかな?と思ったのですが途中からヤバくなってきて
しょうがないので直談判。

まぁ、意外と通じるものですよ。

Comme ça

って便利な言葉ですよね(笑)
で、無事部屋を換えてもらい(ツインからダブルになったけど)

お風呂にも浸かり
地球の歩き方を読みながら、座ったまま寝ているイモを寝かせ!

翌朝の朝食

DSCN0530.jpg

こういうの見ると、やっぱりフランスだなぁって思います。

さて、翌日は

第一日曜日です!
2009.03.15 イモパリ 2
妹とパリ 略して イモパリ

はい、これで行きます。


とりあえず、空港からモンパルナスまでがんばって来て!
と言いまして、バスで来てもらいましたが
やっぱり渋滞がすごいですね・・・

2時間かかりましたよ。

わたしは帰国する時はRERにします。
だって30分くらいで行けるんだよ!


その日はイモも(妹)疲れてるだろうから
家でごはんをつくって休みました。

翌日は妹に「一人でオルセー」という課題を与え(笑)

わたしは学校に行き、夕方まで授業を受けた後
まさかのパリ農業祭2回目(笑)

この日は期間中唯一夜23時までやってて
19時以降は入場料半額!!

すごい人でした!
DSCN0463.jpg

前回は食いしん坊万歳状態だったので(いつも)

今回は




DSCN0483.jpg


DSCN0484.jpg


DSCN0473.jpg


DSCN0503.jpg

あ~満足

ってことでさんざん

「うしとわたし」

をテーマに写真もとりました!

その後はいつもどおりの食いしん坊万歳で(笑)

しかしこんなかわいいのがいたよ

ギャル?
DSCN0457.jpg

美尻
DSCN0459.jpg

バスクの仔豚ちゃんたち
DSCN0466.jpg

ってことで帰宅。
2日目終了!
2009.03.14 妹とパリ 1
2月26日から3月4日まで、妹がパリに遊びに来てくれました。

妹と旅行なんてしたことなかったし、こんな機会があるとは
自分たちもビックリでしたし、色々あってギリギリまで来れるかどうか
分かりませんでしたが、無事来れて、無事帰れてよかったです。

わたし自身、パリの観光というのはお預け状態にしてました。

なんか一人で美術館とかだといいんだけど


ひとり凱旋門

ひとりエッフェル塔

ひとりノートルダム・ド・パリ


とかさびしくないですか・・・

いや、わたしが旅行に来てるなら、もちろんそうするけどね。
なんかこう、一緒にわーわー言える人との方が楽しいだろうということです。

日本だと「ひとりフレンチ」も普通なわけですから(笑)

じゃぁ、長くなるので何分割化しながら、写真を入れながらにしましょう。
2月23日
今日は初めてのフォネティックの授業。

クラス分けの基準がよくわからないんだけど、フォネティックのクラス分けは
簡単な面談みたいなのをします。それから、面接官の人が言った言葉を
何度か繰り返し言って、じゃあこのクラスです。って言われる感じです。

今日初回で不安でしたが、文法レベルがみんな一緒の人たちばっかりらしいので、
先生もやっぱりわかりやすく喋ってくれていましたので、特に問題なく終わりました。

その後、「パリ農業祭」に行ってきました!

いや~すごい規模ですよ。

もうBIOの資料とかもいーーーーーっぱいあって、わっさわさ持って帰ってきましたよ!

シャンパーニュ地方のブドウの栽培がカラー写真でまとめられていて
なおかつファイリングして置いていたのでそれもいただきました!

紙袋をもって移動しましたが、すごいよ。
A.O.PとI.G.Pのでっかいロゴの入ったバッグ!!!(笑)最高!!!(笑)

地方の観光案内なんかもされているので、地図もいーっぱい!
わっさわさです!!!

しかし肝心の牛さんたち見れませんでした(T-T)

というかKちゃんとわたしが、ただの食いしん坊な結果かとも思われますが(笑)
もうフードコーナーとか行くとそこから離れられませんね(笑)

結局今日は3時くらいから行ったものの、全部は見れず。
また後日もう一度行こうと思っています。

フードがあるコーナーは土地ごとのグループに分かれていて、
私たち牡蠣まで試食してきました(笑)

ブルゴーニュのコーナーはさすがにワイナリーの出店が多かったのですが
結構がら~んとしてました。

そこであるドメーヌのおじさんが「飲むかい?」と言ってくれたので
もちろ~ん、とついていくと、なんと

DSCN0446.jpg

Domaine Joseph Guyot
2006 Meursalt
2007 Bourgogne Hautes Cotes de nuit Village
2007 Aloxe Corton
2007 Nuits Saint Georges
2007 Clos de Veugeot

とすごいラインナップで順番に飲ませてくださいました!

やっぱり試飲会と違ってなかなか売上が見込めないからか
どこもあんまり高いのは出してくれなかったんだけど、ここのムッシューは
気前よく飲ませてくださいました(笑)

もうなんか途中からKちゃんもわたしも酔っ払ってました(笑)

ちなみに、上記の中で一番のお気に入りは・・・Meursaltでした。

赤はどれもバランスがすごく難しかった!どれもおいしいんだけど
飲めば飲むほどバランスの取れ具合が難しいな・・・と思い(若いし)

ここのワインはほとんどが赤でしたが、もうちょっとして飲んだらヤバいだろーなぁって感じ。
一番バランスがよかったのがMeursaltでした。

その後はムッシューと写真を撮ったりし(笑)
お別れして

「もー酔っ払っちゃったねー!」

と言いながら
食べ物を探していると、おいしそうなチーズ屋さんを発見!

Morbier やらComteやらMont d’Orやらさんざんいただき、
Comte Fruiteを買いました。それからMont d’Orのトーストも!!!
両方で8ユーロだよ!感激だね!

DSCN0450.jpg


むっちゃおいしかったし!

Kちゃんと半分こして、その後また今度は「甘いものがほしい!」と言って(笑)
アイスクリーム屋さんを探し、私はベルガモットとフランボワーズのダブル。
おいしかったぁぁぁぁぁ!!!!!

もう身も心も満腹。

牛見てないけど・・・
今週妹が来るので、夜23時までやってる金曜日の夜に繰り出そうかと思います。

あ、学生は半額の6ユーロでした!
忘れずに「Je suis etudiant(e)」と言ってくださいね!
2009.03.07
2月22日
もう2月も終わるね・・・早いな。

フランス来て2ヶ月ですよ。

ひえ~。フランス来てから色々ありすぎて、
2か月前まで日本にいたなんて信じられないくらいです。


成長してないなぁ・・・(笑)


まぁ、まだ経過なので!ってことにしといて下さい。


昨日はお友達のCちゃんのお家でフェットですよ!

楽しかったです。日本人ばかりですがみーんなワーホリ仲間!
お料理つくって、いろんな話をして、すごく楽しかったです。

フランスへ来て、本当に人と人の繋がりって大事だなぁと思います。

あぁ、最年長でした・・・(笑)

困った時はお互い様。
私が助けてもらった分、私にできることなら全力で助けてあげたい、と思うのです。
そのためのこのブログでもあります。

感謝できた分だけ大人になれるような気がします。
本当に大人になったかどうかは皆さんの評価にゆだねます(笑)

今日もまた、出会いに感謝

2月21日
初めてのエシャンジュ。


午前中は買い物。
Rue de Clerの土曜日は本当に楽しいです。


午後からPC持参でPyramidesのマクドナルドへ行き、その後オペラのスタバで
友達と待ち合わせて日仏エシャンジュの会へ!!!!!

近くのカフェで月に2回行われるらしく、私たち3人は全員初参加。

中に入るもどうしていいのやらわからずにいましたが、なんか明らかに
日本人多いし、日本語しゃべってるフランス人多いし、ちょっとおもしろい空気でした。

その後、やはりみなさん集合し、会が始まりました。
何人くらいいたんだろう…MAX20人はいたんじゃないかな、もっとかな。

なんか全体的に日本人の方が年上な感じかな?
まぁ、ワーホリの人も多かったし、自然にそうなるのかな?

フランス人はほとんど男性。全員かな?
日本人は女性が多かったですね。

昨日と違い、大人数でいくつかのグループに分かれて話していると
少し耳が慣れてきたのか、日本語交じりだからリラックスできたのか
普段より聞き取りがしやすくて私もちょっと楽しみながらしゃべれました!

あるフランス人男性に

「日本人の女の子はみんな内気で恥ずかしがってなかなか
 エシャンジュもうまくいかなかったりするんだけど、君は大丈夫だよ!
 ちゃんと笑顔でしゃべってるしね!」

と言われたので

「なんで?わたしも内気やで」

とフランス語で返したら


「は~!?」


みたいな返事が返って来ました。

なにが は~!? やねん(笑)

そうやって楽しんでいるうちに耳はどんどん慣れてくるものなんだなと実感しました。

そして聞かれたことには答えれるけど、なかなか自分から発言しなかったのが
今日はダメだったな・・・

思っていたよりずっと楽しい会でよかったです。


明日はお友達のお家にお呼ばれしたので、パスタつくってきます。
7人くらい集まるかもだそうです。

楽しみ(*^^)v
2009.03.05 Cinéma français
2月20日
初めての映画館。

友達に誘われて、フランス人二人と友達と私、4人で映画を観にいきました。


「Espion(s)」というフランス映画です。


フランス人二人のうち、ひとりは私のお友達がエシャンジュしている人です。


まずご飯をということで「日本食を食べよう!」となったのですが、

パリの一般的な「日本食」は
ラーメン、どんぶり、とんかつ、すし、やきとり
が多いです。

いわゆるGastronomiqueな日本食というのは恐ろしく高いはず。
お店はあるはずですが、なかなか一般的ではないと思われます。

稲庭うどんの店があるので行ってみたいんですけどね。

で、「KADOYA」というお店に行き、もうメニューを見た瞬間に


「かつ丼しかない」


と決めました(笑)

こっち来て初めてご飯食べました!

あ!!!今年初だ!!!!!
すごい!!!!!

お友達のKちゃんは「どうしようどうしよう」とかわいく悩んでいるのに
わたしは「かつ丼」の1点張り(笑)

おいしくいただきましたが…ごはんべちゃべちゃ…
まぁ仕方ないね。

その後22時45分から映画。

さすがに内容なんてわかんないだろうなって思ってたのですが
これが意外にも楽しめました。

フランス映画ってのがよかったのかな?好きだから。


なんか、途中からすごい気になったことがありました。

主人公のVincent、ホテルにいる時は、まっ白な客室にまっ白なガウンを着て
ひたすら酔っ払ってんの。酔っ払ってぐでんぐでんなの。

きったないおっさんなの(笑)

で、町中にいるVincentは、だいたい黒い服を着てるんだけど
でも黒い服を着てるVincentはとってもかわいい顔をしてるの。


この白と黒の対比が意図的なものかは分かんないんだけど
わたしはそれがすごく気に入ってしまいました。


夜22時45分からのレイトショーでしたが(こんな時間にパリをうろつくのは初めて)
メトロは週末は2時まであるそうで、結構遅い時間も人が多くてびっくり。


東京もこんなんなんかね?

てかそんな時間から映画観て、しかもフランス語だし「わたし寝るんじゃない?」と
心配でしたが大丈夫でした(笑)


肝心の会話はんーどうも耳がダメです。
今日は本当にしゃべれなかった・・・明日は日仏エシャンジュの会に初参加します。


キンチョー
2009.03.05 Musee
2月15日
せっかくの休日なのでどこかに出かけよう!

と思いました。ただカフェでお茶をするだけってのもなぁ…と考え


まだ一度も行ってない美術館に行くことにしました!


なんか混んでるのかなぁっていつも行くのをためらっていましたが、
もうためらっている場合じゃありません!

3ヶ月後には学校も終わってしまうのです!
しかし学校が結局週20時間も講義がないという結果になったので、
なんか中途半端なプータローみたいです。

ならばとにかく今はパリを楽しむのも、このパリ滞在の目標にもなるんじゃないのか!
と思い、美術館はとにかく行けるだけ、それもぎゅうぎゅうに押し込まずに
気が向いたら行く方式で行ってみたいと思います。


わたしは美術館がすごく好きで、あの日常とは縁のない空気が大好きなのです。
しかも、思いつきで行くのが好きです。計画性を持って挑むというのはしたくありません。


まずは美術館に行きたいという衝動に支配されるべきだと思います。
そしてできれば午前中か夕方がいいです。雨の日もいいです。


今日なんて日曜だし、日本にいたら絶対に行かない日ですが、
みんな仲良くお出かけするのを見ていて、私も行かなきゃ!って思いました(笑)


家から歩いて15分くらいで行けるオルセー美術館へ!


オルセーに歩いていけるところに住んでるだなんて、
人生なにが起こるか本当にわからないものです。


そして昨日のブーツをはきました!バッグも買わなきゃいけませんね。
ちょっと旅行者ルックを抜け出して嬉しかったです(笑)


そして浮かれて道を間違え、行きも帰りもえらい遠回りしてしまいました(笑)


オルセー美術館は入口は混んではいるものの、中に入るととっても広いので
見てまわるのに混んでて大変という事はないですね。

これが一番心配だったので、これからは積極的に美術館へ行きたいと思います!

今日は夕方から行ったので、もちろん全部見るつもりではなく、気が向いた時に
ぶらぶら行って、あぁ気づいたら全部見たんだな、という見方をしたいです。


ミュージアムパスも魅力的ですが、あれはやっぱり旅行者向けですね…
しんどいですよ、美術館ばーっかり行くのも。集中力いりますから。
歩き回るしね。なんか美術館へ行くといつもけだるーくなって出てきます(笑)


それもまた好きなんですが。


今日印象に残ったのはミレーの「le printemps」という絵です。
これのカードとかほしかったのですがありませんでした…悲しい…


そして今日は下の階しか見てないので、ゴージャスな最上階の絵画などは
まだ見ておりません。これからの楽しみにしておきたいと思います。


それから、ぜひ行きたいのがカルナヴァレ博物館。
パリの歴史博物館です。
今しきりに読んでいる歴史物の本に出てくる建物などもぶーらぶら行きたいと思います。

2009.03.05 St.Valentin
2月14日
St.Valentinでーす。

今日は朝からモントルイユの蚤の市に行くと前日から決めてました。
朝9時に起きてたまには化粧して(笑)でかけました。

M 9 Porte de Montreuil から徒歩5分くらいの広場でやってます。

一体みんな何時から準備してたんだろう、と思うくらいたくさんの出店。
所狭し状態で色んなものが並んでます。

パリには有名な蚤の市が3つあります。

 クリニャンクール
 ヴァンブ
 モントルイユ

モントルイユは衣類中心というのが特徴(と地球の歩き方に書いてました)


で、結局モントルイユではこないだ朝起きてベッドから降りた時にふんずけて
壊した髪留めの新しいのと、2ユーロ硬貨だしてお釣りをもらうのがめんどうだったので
「ムッシューこれも!」と言って追加した爪切り。
以上2点お買い上げ。


髪留め 爪切り 2ユーロ


メトロ代の方が高い。Orz


まぁしかし、今日は蚤の市でどんなものが手に入るのか学べたので良しとしよう。

生活用品なんかは街中で買うより絶対蚤の市が安いわ。

今日悩んだのはヘアアイロン。ストレートのコテほしいなぁって
思ってたのですが、今日は一番安いの10ユーロで見つけました。新品です。

結局買ってないんですけどね。
また後日ほしくなったら買います。絶対必要なもんでもない、と。



ほんでそのまま家に帰ったのですが、なんか…私のバレンタイン…
ちょっとさびしいかも…って思い始めました(笑)

昨日バレンタインって言って勝手に一日早く祝ったくせに、なんて身勝手なんだ!
そこで急に思いついたのです。


LADURÉEに行こう!!!!!


なんでか?よくわからん(笑)


LADURÉEならきっとなんかバレンタインらしい事やってるはずだ!と思ったのです。


2009年のバレンタインはひとりでパリにいたよ、と
思い出せるような物も買えるかもしれない!
来年のバレンタインはもう日本だし!
一生に一度、パリのバレンタインを楽しもう!


ということでリサーチすると、家から歩いていけるSt-Germain des présの
LADURÉE Bonaparte店には雑貨もあるという事で、日本でも人気のある
バッグや小物も見てみよう!そして今日は自分のために何か買おう!


と意気込んで家を飛び出しました。
近所の花屋さんはいつもよりバラの花束がたくさんおいてありました。
白いバラだけの花束がすごく素敵でした。

DSCN0405.jpg


そして歩いて15分ほどで到着しました。


が…


超満員の店内…

いつもいっぱいとは聞いていたし、わたしもバレンタイン当日に思い立ったので
覚悟はしてましたが…店が小さいんですよね…入れる人数も限られてるのに入店制限とか
してなくて(日本なら絶対やってる)ごっちゃごちゃ!

LADURÉEのショップは二か所になっていて、バレンタインアイテムとその他ガトーと
パン、お隣のお店は雑貨とショコラと言う風になっているようでした。

結局そんなにほしいものもなく(笑)

ひとつだけ「Thé」と書かれたティーコージーがあってそれはかなりかわいかった!
同じデザインの卵サイズ(エッグスタンドにかぶせるんだって!)もかわいかった!

あのね、色遣いはすごくいいの。
めっちゃきれいなんだけど、でも化粧品にはSÉPHORAって書いてあるしさ~(笑)


どうも買う気にならず両方のお店を行ったり来たりいていると、店内にショップカードと
バレンタイン・ディナーのメニューが置いてあって、それをいただいてきました!
これはかなり嬉しかった!



そして帰りに靴屋さんを発見。

物色しに入ると、びっくりなことにどれもこれもすごくいいものばかり!

お値段を見てみると、ブーツが99ユーロ!

お!いいやん!と思い、サイズを見ると、イタリアの物と判明。

しかも元値が274ユーロ。その値段は超納得。というかこれを日本で買えば
間違いなく35,000円以上はするだろうと思われるもの。
それが99ユーロ!本当に!?と思いお店のムッシューに聞くと
「それも99ユーロだよ」とのこと!

即履いてみて、即お買い上げ!ムッシューが「新しいの持ってくるよ」と言って
取りに行ってくれてる間に他のも見てみたけど、どれもこれもかなりいいもの
ばっかりでした。これはいいお店を見つけた!と思いました。


私は靴にはうるさい!!!
これは母親いわく、父親譲りだそうです。
美しい靴は見ているだけでも満足します。

「服はユニクロでも!靴は錦!」ですね。


これからの季節、靴は何よりも楽しみですから!
このお店は夏のソルドもチェックしないといけませんね!

そして帰りにはボン・マルシェにちょっと寄って、近所のスーパーで
ソーセージを買い、Jocteurでバゲットとタルトレット・ポワールを買い(笑)
ひとりフェットも最高潮を迎え(笑)
昨夜買ったワインと、ソーシス、バゲットとスープというちょっとしたディナーを楽しみました。


はぁ~~~~~~~~満足~~~~~~~。



2009.03.05 Book Off !!!
2月13日
ソルボンヌの講座開始後、初の週末を迎えるにあたり
本の在庫が切れる、という酷な現状を迎えなければいけなくなりました。

悲しい…

学校終わったら帰って、夕方からオペラに行くぞ!

と今日はPhonétique, Civilisationの申込も終えて
ちょっと肩の荷がおりた感じでランランと歩いて帰る途中、
初めてAu Bon Machéに行きました。いや~たまりませんね。

あのね、日本でもそうなんだけど、食料品売り場をうろついていて「あの匂い」に
包まれることが幸せで仕方ない!


チーーーーーーーーズ!!!!!!


はっ!ってなるの。出迎えられたような気分になる(笑)

一人暮らしなのであまり頻繁には買いませんが(できればFromagerieで買いたいし)
愛でるのはスーパーとかが見やすいんですよね…フランス人は「お嬢さん!なんにしようか!」
とすぐ話しかけてくれるので、見てるだけな時はちょっと心苦しくなるので…

そしてやっぱりおじさんは優しいのだ(*^^)v
若い子は苦手です…

そしてケーキがおいしそうだったのですが、

「いや、そんな無駄遣いしちゃいけないよ」という善人ぱんだきっくと
「フランス来て貧乏暮らしをずっと続けるなんてアホやで、たまにはおいしいもん食べろ!」

という悪ガキぱんだきっくがせめぎ合い、見事に悪ガキ勝利。

なんとケーキ3個も買ってしまった!!!
たまにはええやろ。


節制しすぎるとこうやって溜まるので怖いんですよね…


らんらんと家に帰り、ケーキを食べ、今日の授業内容をまとめ、宿題をやり
日本とメールのやり取りをし、LCLから手紙が来ていたので見てみると
Carte Blueができたので取りに来てくださいという通知。


やっときたよーーーと思って今日のオペラ行きは確実になりました。


夕方出かけることってあんまりないのでなんか嬉しいです。


で、今日はBook Offに行きたかったのです!


レジでしゃべってた日本人の女性が

「UNICORN復活してテレビとか雑誌とかいっぱい出てるよ~」

って店員さんと話してました…いいな…見たいよ…
テッシーのギター弾いてる姿が見たいのです…



結局今日は6冊本を買って、家でワイン飲みながらふわふわしながら読んでます。


あ~~~~~~幸せ(笑)


6冊をちょっとずつ全部読んでます。


あ~~~~~~贅沢(笑)
2009.03.05 おてがみ
2月11日
日本は祝日ですね。

今日家主のマダムがが来てくれて、ついにフランステレコムの請求書のコピーを
手に入れました。即座に送りました。なんかサインしないといけない紙を
マダムがまた別で持ってきたので、よくわからないので両方送りました(笑)

えーと、プロバイダ加入も別項目でまとめたほうがいいかな?
いやーしかしわたし思うよ。


「フランス生活.com」さんに任せた方がいいよ


そんな!もったいない!代行だなんて!社会勉強も兼ねて自分でやりますよ!

という方だけ自分でやってください。
ただし、社会勉強と、ネット接続どちらを優先するかは考慮すべきです。

物事の優先順位、というやつですね!


私はお金を払って安心して待つ方が良いのではないかと、思います…


しかしさぁ、学校二日目で初めて出席した若い男の子。
手ぶらやで(笑)

授業始ってからいきなり飛び込んできて
「僕ここですか!?」って
知らんがな (T▽T)

先生が「クラス分けの紙持ってる?」と聞くと

「いや~持ってなくって~」

「なんでここに来たの?」と先生 (笑)

他にも教室はたくさんあるのでそりゃそう思うだろうな (T▽T)
結局彼は同じクラスだったらしく、着席してました。

そして授業が始まって1時間後。
遅れてきた中国人登場。彼は昨日も遅刻(笑)

起きられへんのやったら時間変更してもらえよ!と言いたい(*-*)

まぁそんなことも次第に気にならなくなってきます(笑)


あぁ、ところで今日、freeとLCL(銀行)と日本の家族に
手紙を出しにPoste(郵便局)へ行ったのですが、
この近くのPosteはClerの商店街(私のお気に入り)の入口にあるのですが
結構ハイテクなPosteで、おろおろしてしまいました。

今まで行ったことあるとこは結構どこもローテク(笑)で、
しかもよくわかんないので列に並んで

「これ日本まで送りたいんですけど」とお願いしてました。

しかし今日行ったとこはなんか混んでるし、色々細かく担当の課が分かれてるみたいで
困ってたら、近くに切手を売ってる機械があったのね。私それ使ったことなくって、

てかわかんないだろうな~って思ってたの。

で、一応やってみてわかんなかったら途中でやめちゃえ~って思ってボタン押してみたのね。

すると、その機械の上で手紙の重さが計れる事が判明!あとは
フランス国内郵便、国際郵便(ヨーロッパ)、国際郵便(ヨーロッパ以外)を選んで
エコノミーか特急かを選べば、勝手にお値段を計算してくれるという優れものだと判明!
出てきた切手は「あとは貼るだけ状態」


超便利やん!!!!!


と歓喜して、そのまま外にあるポストに入れました。
これで無事届けば、間違っていないという事で(笑)
それ届かなかったらわたし…インターネットいつになったらできるんだろう…

けどフランスから日本に出すお手紙。安いよね。0.85ユーロだよ。
日本から出す国際郵便てなんであんな高いんだ?
2009.03.05 授業初日
2月10日
ソルボンヌ パリ文明講座初日。

クラスごとに校舎が違っていて、また選択した授業によって色々移動があります。
わたしは通常の文法のクラスが家から15分くらいのとこで、
希望通り10時から12時までのレッスンです。


最近は朝規則正しく起きれるとはいえ、朝一から30分歩かないですんだのはラッキーです。


で、文法の授業以外の授業は、音声学の授業が同じ校舎であるのと、
Civilisationというパリの文化に関する授業がまた別の校舎。

文法の授業をやる校舎から歩いて20分くらいかな?

この講座はソルボンヌの主催ではありますが、大学に入学するわけではありませんので
実際にソルボンヌ大学の校舎内で授業をすることはありません。


卒業式と最終試験は大学構内でやるみたいです。


しかし、ソルボンヌの講座に通うから、と言う事で学生ビザの方とか
事前に5区に住居を決めてしまう人とかいないのかなって思いました。

留学エージェントを使う人は教えてもらえるんですかね。
5区、5区と張り切って決めてしまってから


「じゃああなたは、毎日14区の校舎へ行ってくださいね」


とか言われたらどうなんだろう…



あぁ、授業のことレポらないと。忘れてた。

1クラス定員はおそらく20名。
日本人は13%程度と聞いていましたが、このクラスには私を入れて4人の日本人女性。
日本人男性はいませんでした。アジア人が半分かな。


で、初心者クラスなので、勿論簡単なことから始めます。

もうそれ何回もやってきました的なこともありますが、絶対に新しい発見があるはずだと思い
はじめて学校で習うフランス語にやや緊張しつつ…私みたいにマンツーマンでしか
習ったことないなんて人、逆に珍しいんじゃないかしら…

なのになんでこんなしゃべれないの?

しかーし!最近はちょっと話しかけられることにも慣れてきて(つかビビりすぎてたから)
お店へ行ってもなにか質問してみたりしています。

おしゃべりする相手がいないので(エシャンジュ希望!!!)
ひとりで覚えた言葉を反芻する毎日なのですが、それがさらっと言えたりすると
すごくうれしいです!


わたし言えたよ!的な(笑)  


何歳だ(笑)


渡された紙に自己紹介を書いて先生に提出しただけで、特に生徒の自己紹介等はなし。

よかった…「自己紹介」これはわたしがこの世で一番苦手なものの中に含まれます。

なんでかわかんないけど、とにかく自己紹介が苦手。昔っからです。
「じゃあ自己紹介を…」とか言われると仮病とか使いたくなる(笑)

自己紹介を、人前でするのがイヤなの!

あの、新婦のプロフィールみたいなの!あれやられたら多分司会者止めに行くね。
「いや、わたしはいいんで!」とか言って!

話それました。


教科書を買いに行ってそのまま近所の文房具屋さんで買いました。

わたしはどうにもこうにもあの、フランスで一般的に使われている線がいっぱい入った
ノートが苦手なのです…Maryseにアルファベを書く練習も兼ねてるからよ。
と教えてもらいましたが、やはり見にくい!

と言う事で、普通の日本のノートみたいなルーズリーフにしました。


みなさん海外へ行って文房具を買う予定がある場合は、日本から持って行く方がいいです。


フランスしかわかんないけど、文房具が高い!
値段は高くて質は低い!


逆に日本は何であんなに高品質な文房具が普及しているのか、と不思議なくらいです。


ちょっとだけ読書ネタ。
しかし…山田詠美はやっぱり凄いなぁ。

高校生のころ山田詠美の本が好きでよく読んでいました。

多分対談集以外は全部読んだはず。
あの頃山田詠美を読むというのは背伸び以外の何物でもないんだけど。

デビュー20年たって、今でもあんなに切ない文章が書ける山田詠美はすごい…
ちょっと打ちのめされた。
読むんじゃなかったとすら思った(笑)


わたしは小説の中の登場人物が死んでしまったりすると、とてつもなく
落ち込んでしまって、翌朝でも「あぁ、あの人はもういないんだな…」なんて
思ったりして結構自分でもしんどいので、そういうんじゃないのが読みたいな。


今は日本の歴史物を読みたいですね。戦国武将。もしくは三国志。
それから日本の文学。でも…日本の文学はその響きだけでなんか切ないからな…
日本に帰ってから読もうかな…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。