上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.05 Cinéma français
2月20日
初めての映画館。

友達に誘われて、フランス人二人と友達と私、4人で映画を観にいきました。


「Espion(s)」というフランス映画です。


フランス人二人のうち、ひとりは私のお友達がエシャンジュしている人です。


まずご飯をということで「日本食を食べよう!」となったのですが、

パリの一般的な「日本食」は
ラーメン、どんぶり、とんかつ、すし、やきとり
が多いです。

いわゆるGastronomiqueな日本食というのは恐ろしく高いはず。
お店はあるはずですが、なかなか一般的ではないと思われます。

稲庭うどんの店があるので行ってみたいんですけどね。

で、「KADOYA」というお店に行き、もうメニューを見た瞬間に


「かつ丼しかない」


と決めました(笑)

こっち来て初めてご飯食べました!

あ!!!今年初だ!!!!!
すごい!!!!!

お友達のKちゃんは「どうしようどうしよう」とかわいく悩んでいるのに
わたしは「かつ丼」の1点張り(笑)

おいしくいただきましたが…ごはんべちゃべちゃ…
まぁ仕方ないね。

その後22時45分から映画。

さすがに内容なんてわかんないだろうなって思ってたのですが
これが意外にも楽しめました。

フランス映画ってのがよかったのかな?好きだから。


なんか、途中からすごい気になったことがありました。

主人公のVincent、ホテルにいる時は、まっ白な客室にまっ白なガウンを着て
ひたすら酔っ払ってんの。酔っ払ってぐでんぐでんなの。

きったないおっさんなの(笑)

で、町中にいるVincentは、だいたい黒い服を着てるんだけど
でも黒い服を着てるVincentはとってもかわいい顔をしてるの。


この白と黒の対比が意図的なものかは分かんないんだけど
わたしはそれがすごく気に入ってしまいました。


夜22時45分からのレイトショーでしたが(こんな時間にパリをうろつくのは初めて)
メトロは週末は2時まであるそうで、結構遅い時間も人が多くてびっくり。


東京もこんなんなんかね?

てかそんな時間から映画観て、しかもフランス語だし「わたし寝るんじゃない?」と
心配でしたが大丈夫でした(笑)


肝心の会話はんーどうも耳がダメです。
今日は本当にしゃべれなかった・・・明日は日仏エシャンジュの会に初参加します。


キンチョー
スポンサーサイト
2009.03.05 Musee
2月15日
せっかくの休日なのでどこかに出かけよう!

と思いました。ただカフェでお茶をするだけってのもなぁ…と考え


まだ一度も行ってない美術館に行くことにしました!


なんか混んでるのかなぁっていつも行くのをためらっていましたが、
もうためらっている場合じゃありません!

3ヶ月後には学校も終わってしまうのです!
しかし学校が結局週20時間も講義がないという結果になったので、
なんか中途半端なプータローみたいです。

ならばとにかく今はパリを楽しむのも、このパリ滞在の目標にもなるんじゃないのか!
と思い、美術館はとにかく行けるだけ、それもぎゅうぎゅうに押し込まずに
気が向いたら行く方式で行ってみたいと思います。


わたしは美術館がすごく好きで、あの日常とは縁のない空気が大好きなのです。
しかも、思いつきで行くのが好きです。計画性を持って挑むというのはしたくありません。


まずは美術館に行きたいという衝動に支配されるべきだと思います。
そしてできれば午前中か夕方がいいです。雨の日もいいです。


今日なんて日曜だし、日本にいたら絶対に行かない日ですが、
みんな仲良くお出かけするのを見ていて、私も行かなきゃ!って思いました(笑)


家から歩いて15分くらいで行けるオルセー美術館へ!


オルセーに歩いていけるところに住んでるだなんて、
人生なにが起こるか本当にわからないものです。


そして昨日のブーツをはきました!バッグも買わなきゃいけませんね。
ちょっと旅行者ルックを抜け出して嬉しかったです(笑)


そして浮かれて道を間違え、行きも帰りもえらい遠回りしてしまいました(笑)


オルセー美術館は入口は混んではいるものの、中に入るととっても広いので
見てまわるのに混んでて大変という事はないですね。

これが一番心配だったので、これからは積極的に美術館へ行きたいと思います!

今日は夕方から行ったので、もちろん全部見るつもりではなく、気が向いた時に
ぶらぶら行って、あぁ気づいたら全部見たんだな、という見方をしたいです。


ミュージアムパスも魅力的ですが、あれはやっぱり旅行者向けですね…
しんどいですよ、美術館ばーっかり行くのも。集中力いりますから。
歩き回るしね。なんか美術館へ行くといつもけだるーくなって出てきます(笑)


それもまた好きなんですが。


今日印象に残ったのはミレーの「le printemps」という絵です。
これのカードとかほしかったのですがありませんでした…悲しい…


そして今日は下の階しか見てないので、ゴージャスな最上階の絵画などは
まだ見ておりません。これからの楽しみにしておきたいと思います。


それから、ぜひ行きたいのがカルナヴァレ博物館。
パリの歴史博物館です。
今しきりに読んでいる歴史物の本に出てくる建物などもぶーらぶら行きたいと思います。

2009.03.05 St.Valentin
2月14日
St.Valentinでーす。

今日は朝からモントルイユの蚤の市に行くと前日から決めてました。
朝9時に起きてたまには化粧して(笑)でかけました。

M 9 Porte de Montreuil から徒歩5分くらいの広場でやってます。

一体みんな何時から準備してたんだろう、と思うくらいたくさんの出店。
所狭し状態で色んなものが並んでます。

パリには有名な蚤の市が3つあります。

 クリニャンクール
 ヴァンブ
 モントルイユ

モントルイユは衣類中心というのが特徴(と地球の歩き方に書いてました)


で、結局モントルイユではこないだ朝起きてベッドから降りた時にふんずけて
壊した髪留めの新しいのと、2ユーロ硬貨だしてお釣りをもらうのがめんどうだったので
「ムッシューこれも!」と言って追加した爪切り。
以上2点お買い上げ。


髪留め 爪切り 2ユーロ


メトロ代の方が高い。Orz


まぁしかし、今日は蚤の市でどんなものが手に入るのか学べたので良しとしよう。

生活用品なんかは街中で買うより絶対蚤の市が安いわ。

今日悩んだのはヘアアイロン。ストレートのコテほしいなぁって
思ってたのですが、今日は一番安いの10ユーロで見つけました。新品です。

結局買ってないんですけどね。
また後日ほしくなったら買います。絶対必要なもんでもない、と。



ほんでそのまま家に帰ったのですが、なんか…私のバレンタイン…
ちょっとさびしいかも…って思い始めました(笑)

昨日バレンタインって言って勝手に一日早く祝ったくせに、なんて身勝手なんだ!
そこで急に思いついたのです。


LADURÉEに行こう!!!!!


なんでか?よくわからん(笑)


LADURÉEならきっとなんかバレンタインらしい事やってるはずだ!と思ったのです。


2009年のバレンタインはひとりでパリにいたよ、と
思い出せるような物も買えるかもしれない!
来年のバレンタインはもう日本だし!
一生に一度、パリのバレンタインを楽しもう!


ということでリサーチすると、家から歩いていけるSt-Germain des présの
LADURÉE Bonaparte店には雑貨もあるという事で、日本でも人気のある
バッグや小物も見てみよう!そして今日は自分のために何か買おう!


と意気込んで家を飛び出しました。
近所の花屋さんはいつもよりバラの花束がたくさんおいてありました。
白いバラだけの花束がすごく素敵でした。

DSCN0405.jpg


そして歩いて15分ほどで到着しました。


が…


超満員の店内…

いつもいっぱいとは聞いていたし、わたしもバレンタイン当日に思い立ったので
覚悟はしてましたが…店が小さいんですよね…入れる人数も限られてるのに入店制限とか
してなくて(日本なら絶対やってる)ごっちゃごちゃ!

LADURÉEのショップは二か所になっていて、バレンタインアイテムとその他ガトーと
パン、お隣のお店は雑貨とショコラと言う風になっているようでした。

結局そんなにほしいものもなく(笑)

ひとつだけ「Thé」と書かれたティーコージーがあってそれはかなりかわいかった!
同じデザインの卵サイズ(エッグスタンドにかぶせるんだって!)もかわいかった!

あのね、色遣いはすごくいいの。
めっちゃきれいなんだけど、でも化粧品にはSÉPHORAって書いてあるしさ~(笑)


どうも買う気にならず両方のお店を行ったり来たりいていると、店内にショップカードと
バレンタイン・ディナーのメニューが置いてあって、それをいただいてきました!
これはかなり嬉しかった!



そして帰りに靴屋さんを発見。

物色しに入ると、びっくりなことにどれもこれもすごくいいものばかり!

お値段を見てみると、ブーツが99ユーロ!

お!いいやん!と思い、サイズを見ると、イタリアの物と判明。

しかも元値が274ユーロ。その値段は超納得。というかこれを日本で買えば
間違いなく35,000円以上はするだろうと思われるもの。
それが99ユーロ!本当に!?と思いお店のムッシューに聞くと
「それも99ユーロだよ」とのこと!

即履いてみて、即お買い上げ!ムッシューが「新しいの持ってくるよ」と言って
取りに行ってくれてる間に他のも見てみたけど、どれもこれもかなりいいもの
ばっかりでした。これはいいお店を見つけた!と思いました。


私は靴にはうるさい!!!
これは母親いわく、父親譲りだそうです。
美しい靴は見ているだけでも満足します。

「服はユニクロでも!靴は錦!」ですね。


これからの季節、靴は何よりも楽しみですから!
このお店は夏のソルドもチェックしないといけませんね!

そして帰りにはボン・マルシェにちょっと寄って、近所のスーパーで
ソーセージを買い、Jocteurでバゲットとタルトレット・ポワールを買い(笑)
ひとりフェットも最高潮を迎え(笑)
昨夜買ったワインと、ソーシス、バゲットとスープというちょっとしたディナーを楽しみました。


はぁ~~~~~~~~満足~~~~~~~。



2009.03.05 Book Off !!!
2月13日
ソルボンヌの講座開始後、初の週末を迎えるにあたり
本の在庫が切れる、という酷な現状を迎えなければいけなくなりました。

悲しい…

学校終わったら帰って、夕方からオペラに行くぞ!

と今日はPhonétique, Civilisationの申込も終えて
ちょっと肩の荷がおりた感じでランランと歩いて帰る途中、
初めてAu Bon Machéに行きました。いや~たまりませんね。

あのね、日本でもそうなんだけど、食料品売り場をうろついていて「あの匂い」に
包まれることが幸せで仕方ない!


チーーーーーーーーズ!!!!!!


はっ!ってなるの。出迎えられたような気分になる(笑)

一人暮らしなのであまり頻繁には買いませんが(できればFromagerieで買いたいし)
愛でるのはスーパーとかが見やすいんですよね…フランス人は「お嬢さん!なんにしようか!」
とすぐ話しかけてくれるので、見てるだけな時はちょっと心苦しくなるので…

そしてやっぱりおじさんは優しいのだ(*^^)v
若い子は苦手です…

そしてケーキがおいしそうだったのですが、

「いや、そんな無駄遣いしちゃいけないよ」という善人ぱんだきっくと
「フランス来て貧乏暮らしをずっと続けるなんてアホやで、たまにはおいしいもん食べろ!」

という悪ガキぱんだきっくがせめぎ合い、見事に悪ガキ勝利。

なんとケーキ3個も買ってしまった!!!
たまにはええやろ。


節制しすぎるとこうやって溜まるので怖いんですよね…


らんらんと家に帰り、ケーキを食べ、今日の授業内容をまとめ、宿題をやり
日本とメールのやり取りをし、LCLから手紙が来ていたので見てみると
Carte Blueができたので取りに来てくださいという通知。


やっときたよーーーと思って今日のオペラ行きは確実になりました。


夕方出かけることってあんまりないのでなんか嬉しいです。


で、今日はBook Offに行きたかったのです!


レジでしゃべってた日本人の女性が

「UNICORN復活してテレビとか雑誌とかいっぱい出てるよ~」

って店員さんと話してました…いいな…見たいよ…
テッシーのギター弾いてる姿が見たいのです…



結局今日は6冊本を買って、家でワイン飲みながらふわふわしながら読んでます。


あ~~~~~~幸せ(笑)


6冊をちょっとずつ全部読んでます。


あ~~~~~~贅沢(笑)
2009.03.05 おてがみ
2月11日
日本は祝日ですね。

今日家主のマダムがが来てくれて、ついにフランステレコムの請求書のコピーを
手に入れました。即座に送りました。なんかサインしないといけない紙を
マダムがまた別で持ってきたので、よくわからないので両方送りました(笑)

えーと、プロバイダ加入も別項目でまとめたほうがいいかな?
いやーしかしわたし思うよ。


「フランス生活.com」さんに任せた方がいいよ


そんな!もったいない!代行だなんて!社会勉強も兼ねて自分でやりますよ!

という方だけ自分でやってください。
ただし、社会勉強と、ネット接続どちらを優先するかは考慮すべきです。

物事の優先順位、というやつですね!


私はお金を払って安心して待つ方が良いのではないかと、思います…


しかしさぁ、学校二日目で初めて出席した若い男の子。
手ぶらやで(笑)

授業始ってからいきなり飛び込んできて
「僕ここですか!?」って
知らんがな (T▽T)

先生が「クラス分けの紙持ってる?」と聞くと

「いや~持ってなくって~」

「なんでここに来たの?」と先生 (笑)

他にも教室はたくさんあるのでそりゃそう思うだろうな (T▽T)
結局彼は同じクラスだったらしく、着席してました。

そして授業が始まって1時間後。
遅れてきた中国人登場。彼は昨日も遅刻(笑)

起きられへんのやったら時間変更してもらえよ!と言いたい(*-*)

まぁそんなことも次第に気にならなくなってきます(笑)


あぁ、ところで今日、freeとLCL(銀行)と日本の家族に
手紙を出しにPoste(郵便局)へ行ったのですが、
この近くのPosteはClerの商店街(私のお気に入り)の入口にあるのですが
結構ハイテクなPosteで、おろおろしてしまいました。

今まで行ったことあるとこは結構どこもローテク(笑)で、
しかもよくわかんないので列に並んで

「これ日本まで送りたいんですけど」とお願いしてました。

しかし今日行ったとこはなんか混んでるし、色々細かく担当の課が分かれてるみたいで
困ってたら、近くに切手を売ってる機械があったのね。私それ使ったことなくって、

てかわかんないだろうな~って思ってたの。

で、一応やってみてわかんなかったら途中でやめちゃえ~って思ってボタン押してみたのね。

すると、その機械の上で手紙の重さが計れる事が判明!あとは
フランス国内郵便、国際郵便(ヨーロッパ)、国際郵便(ヨーロッパ以外)を選んで
エコノミーか特急かを選べば、勝手にお値段を計算してくれるという優れものだと判明!
出てきた切手は「あとは貼るだけ状態」


超便利やん!!!!!


と歓喜して、そのまま外にあるポストに入れました。
これで無事届けば、間違っていないという事で(笑)
それ届かなかったらわたし…インターネットいつになったらできるんだろう…

けどフランスから日本に出すお手紙。安いよね。0.85ユーロだよ。
日本から出す国際郵便てなんであんな高いんだ?
2009.03.05 授業初日
2月10日
ソルボンヌ パリ文明講座初日。

クラスごとに校舎が違っていて、また選択した授業によって色々移動があります。
わたしは通常の文法のクラスが家から15分くらいのとこで、
希望通り10時から12時までのレッスンです。


最近は朝規則正しく起きれるとはいえ、朝一から30分歩かないですんだのはラッキーです。


で、文法の授業以外の授業は、音声学の授業が同じ校舎であるのと、
Civilisationというパリの文化に関する授業がまた別の校舎。

文法の授業をやる校舎から歩いて20分くらいかな?

この講座はソルボンヌの主催ではありますが、大学に入学するわけではありませんので
実際にソルボンヌ大学の校舎内で授業をすることはありません。


卒業式と最終試験は大学構内でやるみたいです。


しかし、ソルボンヌの講座に通うから、と言う事で学生ビザの方とか
事前に5区に住居を決めてしまう人とかいないのかなって思いました。

留学エージェントを使う人は教えてもらえるんですかね。
5区、5区と張り切って決めてしまってから


「じゃああなたは、毎日14区の校舎へ行ってくださいね」


とか言われたらどうなんだろう…



あぁ、授業のことレポらないと。忘れてた。

1クラス定員はおそらく20名。
日本人は13%程度と聞いていましたが、このクラスには私を入れて4人の日本人女性。
日本人男性はいませんでした。アジア人が半分かな。


で、初心者クラスなので、勿論簡単なことから始めます。

もうそれ何回もやってきました的なこともありますが、絶対に新しい発見があるはずだと思い
はじめて学校で習うフランス語にやや緊張しつつ…私みたいにマンツーマンでしか
習ったことないなんて人、逆に珍しいんじゃないかしら…

なのになんでこんなしゃべれないの?

しかーし!最近はちょっと話しかけられることにも慣れてきて(つかビビりすぎてたから)
お店へ行ってもなにか質問してみたりしています。

おしゃべりする相手がいないので(エシャンジュ希望!!!)
ひとりで覚えた言葉を反芻する毎日なのですが、それがさらっと言えたりすると
すごくうれしいです!


わたし言えたよ!的な(笑)  


何歳だ(笑)


渡された紙に自己紹介を書いて先生に提出しただけで、特に生徒の自己紹介等はなし。

よかった…「自己紹介」これはわたしがこの世で一番苦手なものの中に含まれます。

なんでかわかんないけど、とにかく自己紹介が苦手。昔っからです。
「じゃあ自己紹介を…」とか言われると仮病とか使いたくなる(笑)

自己紹介を、人前でするのがイヤなの!

あの、新婦のプロフィールみたいなの!あれやられたら多分司会者止めに行くね。
「いや、わたしはいいんで!」とか言って!

話それました。


教科書を買いに行ってそのまま近所の文房具屋さんで買いました。

わたしはどうにもこうにもあの、フランスで一般的に使われている線がいっぱい入った
ノートが苦手なのです…Maryseにアルファベを書く練習も兼ねてるからよ。
と教えてもらいましたが、やはり見にくい!

と言う事で、普通の日本のノートみたいなルーズリーフにしました。


みなさん海外へ行って文房具を買う予定がある場合は、日本から持って行く方がいいです。


フランスしかわかんないけど、文房具が高い!
値段は高くて質は低い!


逆に日本は何であんなに高品質な文房具が普及しているのか、と不思議なくらいです。


ちょっとだけ読書ネタ。
しかし…山田詠美はやっぱり凄いなぁ。

高校生のころ山田詠美の本が好きでよく読んでいました。

多分対談集以外は全部読んだはず。
あの頃山田詠美を読むというのは背伸び以外の何物でもないんだけど。

デビュー20年たって、今でもあんなに切ない文章が書ける山田詠美はすごい…
ちょっと打ちのめされた。
読むんじゃなかったとすら思った(笑)


わたしは小説の中の登場人物が死んでしまったりすると、とてつもなく
落ち込んでしまって、翌朝でも「あぁ、あの人はもういないんだな…」なんて
思ったりして結構自分でもしんどいので、そういうんじゃないのが読みたいな。


今は日本の歴史物を読みたいですね。戦国武将。もしくは三国志。
それから日本の文学。でも…日本の文学はその響きだけでなんか切ないからな…
日本に帰ってから読もうかな…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。