上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Roquefort-sur-Soulzon
(ロックフォール・シュール・スールゾン村)
人口700人のこの村になぜ一日1本のローカル電車に乗ってわざわざ?

Roquefort(ロックフォール)はチーズの名前。
世界中で愛されているフランスで最も古いチーズの一つ。
フランスブルーチーズの最高峰です。
世界三大ブルーチーズの一つでもあります。
青かびと羊乳のコクが絶妙な味わいを生み出しています。

歴史は2000年前以上前からあります。
標高800~1200mの石灰岩質の高原の中にあるコンバルー山。
その麓のロックフォール・シュール・スールゾンという小さな村の
地下にある洞窟で熟成された物だけがロックフォールと名のれます。

ではロックフォールの起源。
夏の暑い日、羊飼いの少年が岩山の洞窟の中で
パンとチーズを食べていると少女のの歌声が聞こえてきます・・・
少年は歌声をおいかけますが、パンとチーズを置き忘れてしまいます。

そしてそのことを忘れて約3カ月後。
洞窟に戻ってみるとパンもチーズも青カビで覆われていて
チーズはとても美味しく変化していた …という話。

食い意地・・・?(笑)
食べる?普通(笑)
でもよくぞ食べた!!!
偉い!!!

チーズに入れる青カビもロックフォール・シュール・スールゾン村の
洞窟で自然に取れた青カビのみを使用、と決まってます。

ここは何億年にもわたる雨の侵食によって山が崩れてできた土地。
岩の積み重ねでできた自然の洞窟には亀裂が
いくつもあり天然の煙突にになります。
そこを通り抜ける「フルリーヌ」という湿った風が
外の空気と洞窟内の空気の入れ換えを行う。
洞窟内はチーズの熟成に適した気温と湿度が一年中保たれます。

手を加えずにですよ・・・?
これって言わば、地球が生物がこんなに生息できる惑星に
なったのと同じくらいすごい偶然ですよ・・・

この産地を訪れずに私のフランスはもちろん終われません。
ここへ行き、カーヴの見学をする!
大きな目標でした。

さてさてピエールに連れて来てもらった初めての村は・・・
霧の中!!!
DSCN1673.jpg
本当にすんごい霧でしかもすんごい寒かった!!!
6度って車に出てました・・・

さすが山!

DSCN1666.jpg

ではヴィジットについて。
ソシエテのみが有料でやっているようでした。
入口で料金を払いますと、ガイドの資料をいただけます。
なんと日本語もありました!

時間にして1時間弱ぐらいでしょうか?
カーヴの洞窟の中を改装して見学できるようにしています。
イメージはパビリオンというか、お子さんでも楽しめるようになってました。

寒い洞窟の中でコンバルー山が崩れ落ちて
洞窟が出来、そこに村ができた様子も
ミニチュアの模型で説明してくださいます。

そして実際に熟成中のカーヴもガラス越しに見れます。
今ソシエテは3種類のカーヴ違いのロックフォールを造っています。
それ以外にビオなどがありますよね。

錫箔も触らせて下さいました。

その後は試食ですね。
Roquefort depuis1863
Roquefort Caves des Templiers
Roquefort Caves Baragnaudes の3種類をいただきました。

Baragnaudesはとても優しい、上品な味。
まろやかでカビの風味も感じやすいとてもおいしいRoquefortでした。

そして試食する場所がショップにもなっていてここでお買い物できます。
「Roquefort博物館」のようなエンターテイメント要素もある感じでした。
残念ながらよそのカーヴは行けませんでしたので
他の場所でどのように行っているかはわかりません。

もっと小さいとこだと熟成に関するお話も聞けるかも。
Roquefortのことをすでによくご存じの方は
やはり複数のカーヴを訪れる方がいいかと思います。
そして残念ながら撮影は禁止。

でもチーズのストレスになりたくないのでそれでいいです。
崩れ落ちた地形
DSCN1672.jpg
電車からの風景。多分その一部でしょう。
DSCN1725.jpg

自然の脅威と奇跡・・・というところでしょうか・・・
その結果は・・・

「おいしい」でした!!!
スポンサーサイト
Roquefort-sur-Soulzon村への旅です!
世界三大ブルーチーズの産地へ!
ペルピニャンからベジエまでterで30分。
そこからこのトゥルヌミル・ロックフォールまでローカル電車で約2時間。

DSCN1635.jpg

お腹もすいてますし、まずは駅前でごはんです!
Auberge des Orchidées
Avenue Hippolyte Puech
12250 Tournemire
0565628042
DSCN1664.jpg
ここは今現在は宿泊はできません。
将来的にはオーベルジュとして、今はレストランとしてやっています。
しかし田舎のレストランとは思えない上品でいい空間づくり。
DSCN1646.jpg

なんと15ユーロで前菜、メイン、フロマージュ(シャリオ!)デセール
までついています。グラスワインは2ユーロでした!!!
そして前菜のロックフォール入りのフィユテ
DSCN1650.jpg
ソースはクレームでした。
すんっごいサックサク!!!ビックリした!

フロマージュがあると思ってなかった私たちは、またびっくり!
マダムが切り分けてくださいます。
DSCN1660.jpg

ここはなんだかただの田舎のレストランではないなぁ・・・と
うすうす感じつつ、なんなんだろうなぁと話していました。

そこへサービスのお兄さん、ピエールが私たちに声をかけます。
「村へ行くの?」
「そうで~す」
「その荷物を持って?無理だよ!3キロもあるのに!」

もちろん歩いて行く気満々な私たちでしたが
(パリで歩くのは慣れてますから・・・)
ピエールが車で送ってあげるよ、と言ってくれて
「え~!!!そんな悪いです!!!」
といいつつも送っていただくことになりました。

やはりこのレストランはパリやロンドンで働いていた方が
オーナーシェフで来年くらいからオーベルジュを始めるとのこと。
この日は本当は休みだったけどたまたまあけていたそうです。

そしてピエール
「どこに泊まるの?」
「村に!ホテルあるんですよね~?」
「ないぞ!閉まってるぞ!!!」

と言われ
「え~~~~~~~!!!!!」
ってことでこの日のお宿になるはずの村に、泊まれないことが判明。
夜20時前くらいに終点まで行かない電車がもう一本来るので
それに乗ろうかと思いましたが・・・ピエールが
「Millauまで送ってあげるよ。ホテルもあるし」
と言ってくれて私たちはまた

「え~~~~~~~!!!!!」
と言いつつ、結局お願いすることになり私たちがソシエテ社の
カーヴ見学が終わる頃に迎えに来てくれるとのこと・・・

この日私たちピエールがいなかったら・・・結構ヤバかった・・・

その後もMillauまで行く途中で有名な橋の下で車を止めてくれました。
DSCN1674.jpg

Millauに行ってもここまでは行けないねと話していたのに
なんと実現してしまいました!
ピエールのおかげで旅の思い出は何倍になったのでしょうか・・・

ピエールのおかげで本当に快適な旅となりました。
なんでこんなに親切にしてくれるんだろう、と不思議なくらいでした。
ピエールにかわいいお嫁さんが見つかりますように!!!

Merci Beaucoup!!!

ではカーヴ訪問は次回に続きます。
4月19日から26日まで、初めての地方の旅へ行ってまいりました。

日程は

19日ペリピニャン
20日ロックフォール・シュール・スールゾン村
21日ライヨール村 ミシェル・ブラ
22日クレルモン・フェラン
23日ヴィエンヌ ラ・ピラミッド
24、25、26日 ボーヌ

すごいな~書いててこんなに行ったのかとびっくりしました。
まず19日はペルピニャン。快晴(夜どしゃぶり)

ペルピニャンはほぼスペインというフランスのいっちばん南の都市。
合成画像みたいな雲がすごい!
DSCN1563.jpg

マジョルカ王宮
1276年、マヨルカ王ジャイメ1世の宮殿として建てられた王宮
五稜郭ならぬ6星形をかたどっています。
DSCN1597.jpg

テラスから一望なペルピニャンの町
向こうに見えるのはスペイン国境の山だって!!
DSCN1570.jpg


カスティエ門
DSCN1607.jpg
中はカタルーニャ民族博物館
DSCN1592.jpg
これ↑ヤバくない!?昔の着ぐるみやねんて!すっごい怖かった!

ご当地貸しベロ(自転車)かわいい!
DSCN1583.jpg

夜の食事は視聴者の古い建物の一部をレストランにしたところで。
DSCN1604.jpg

と順調そうな話しぶりですが・・・
実は日曜日で・・・お目当てのカタルーニャ料理が食べられる店が
ことごとくお休みでございました(笑)
そんなの普通なのに
「あたしら日本人の感覚全然抜けてないよね」とガックリ(笑)
出だしからやっちましましたの旅。

はじまりはじまり~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。