上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.04 旅 シメ
Michel Brasに行ったとき、食事中のお庭にいた
Lievre 穴うさぎの親子
最初子供だけが・・・その後ママンが登場。
観客(食べてるだけ)が見守る中、無事再会。
DSCN1847.jpg

これね、Brasが本当に山の一部をレストラン、ホテルにしてるので
その庭に普通に穴ほってモグラみたいに生活してるんですよ。

お隣のテーブルにいたわんこ
DSCN1821.jpg

すんごい可愛かった!
しかし・・・窓の外にもぞもぞ動く穴うさぎを発見した時・・・


わん!!!!!


って思わず吠えてしまってお部屋に連れ戻されてしまいました。
かわいそうに・・・わんこだから気になるよね。
でも飼い主さんも「こりゃ無理だって思ったんでしょうね」

はぁ・・・・・しかし色んな事がありました。
書き忘れましたが、ロックフォールに向かう電車の中で
日本から持ってきた携帯をなくしました・・・
日本の皆様・・・帰っても遊んでね(T-T)

そして日曜の夜、無事帰宅。狭いとはいえ自宅は落ち着きますね。
今回は本当にすごい旅ができました。
元々誘ってくれたのはKちゃんでした。
そこから出るわ出るわの行きたい場所の嵐!

うまい具合に1本の線で繋がり、無事に旅を終えることができました。
なかなかできない経験ができて、道中親切にしてくださった皆さん
ブログ読んでくれてる方々にも感謝感謝です。

ありがとうございました。

次はどんなものが見れるのかしら・・・


スポンサーサイト
はい。ずっと飲んでました。
昼寝して、アルコール飛ばして、さらに夜飲んでました。
帰る日、オスピス・ド・ボーヌに行ったのは1本開けた後です。

ってことで一応飲んだくれもご報告(笑)
ボーヌに着いた日。
夜中飲みに行く。こっち来て初めてバーに行く。
パリだとそんなとこ怖くていけません!
でも興味はあるので、だれか行く人は誘ってください(笑)

畑巡りの途中。ピクニックしました。
ムルソーの畑を見降ろしながらピクニック
わたしこんなに素敵経験してていいのかしら・・・
DSCN2241.jpg
青空万歳!
DSCN2238.jpg
いちごと泡 がテーマ(その前に鶏1羽食べました)
DSCN2239.jpg
買い物行って見つけた「白いなす」!!!
DSCN2237.jpg

その日の夜
エスカルゴのカスレット(むちゃくちゃおいしかった!)
DSCN2271.jpg
エスカロップ。シャンピニオンのソース
DSCN2275.jpg
やられまくったビショー(思い出したくない・笑)
DSCN2274.jpg
そのビショーが引き金となり2本目(笑)
DSCN2276.jpg
で、これ以外にも色々もらっても~う酔っ払い(笑)

懲りずに翌日のランチ
DSCN2280.jpg

これ、前日の飲んだくれの後だったのでキリっと
さわやかなシャルドネ飲みたいなって思って頼む。
ヴィンテージ書いてなかったので「2007くらいじゃない?ちょうどいいかも」
って思ったら2005年出てきてビックリ。
かなりいいお品でございました・・・。普通にウマい・・・

そして、最後にオスピス・ド・ボーヌへ。
DSCN2282.jpg
病室だったところ。
DSCN2284.jpg
最後の審判
DSCN2299.jpg
その扉絵(全部絵だよ)
DSCN2306.jpg

この最後の審判・・・人間が描いたとは思えないものでした・・・
なんかはじめからそこにあったんよって言われても
「最後の審判を写真に撮ったんよ」って言われても
納得できそうなくらいの存在感・・・

このイエスとサン・ミッシェルの表情・・・ちょっと怖いです・・・

これを同じ人間が描いたって・・・すごい・・・
これとダリを足すと・・・・


古屋兎丸やん!!!!!


あ~こわ~







2009.05.04 旅 Côte d'or
「フランスでどこに行きたいですか?」
って聞かれたらまず「ブルゴーニュ」って答えます。

わたしがフランスに来たいって思ったのも、ここに来るためです。
わたしがレストランで働き始めたのってもう何年前?
6年前か・・・最初はカフェで働いててその後レストラン。

ブルゴーニュ命なレストラン。
Bernard Loiseauの肖像画が飾ってあるレストラン。
結局私が日本で一番好きなレストラン。

レストランで物心つき始めたころ(齢27歳・笑)から
気づけば私のまわりにはブルゴーニュがいっぱい。
自然と高まる好奇心。

・・・行ってみたい。
・・・行けないかな?
・・・行けるんじゃない?
・・・行ってみよかな。

・・・行かな気が済まん!!!!!

とだいぶ飛躍した感じですが
こんな調子でブルゴーニュ欲は高まって行きました。

あれから5年。わたしフランス上陸。

そして12月にはフランスに来ていたものの
臆病者なわたしは来たかったのに、寒い畑に立って
ホームシックになることを恐れ(マジ)春が来るのを待ちました。

そしてついに初めてのCôte d'orの畑!
今回はなんと、MarsannayからMontrachetの終点まで案内してもらいました。

これ、地層の断面。
一番上の土が実際の畑です。
色が違うところは全部異なる地層。成分も違う。
DSCN2211.jpg
VogueのMusigny
DSCN2217.jpg
ここを撮らなきゃCôte de Nuitsは終われません。
Romanée Conti
DSCN2228.jpg
ここはRomanée Contiのベベ(赤ちゃん)の樹。
DSCN2230.jpg
Romanée Contiの現役バリバリの方々(雄々しいです)
DSCN2235.jpg
これがMontrachetの端から見える地層の断面。
DSCN2251.jpg
Comtes LafonのMontrachet
DSCN2256.jpg
力強いですね。
DSCN2261.jpg
斜めお向かいのCriots Battard Montrachet
DSCN2265.jpg
土の色がどの写真も違うでしょ?
これが全部ワインの違いに現れます。
ちなみに2枚前の写真を撮って振り返ったらここという位置。
DSCN2266.jpg


ということで、私の初めての畑訪問は終わりました。

もっと興奮するのかと思ったら、そんなにミーハーじゃなかったみたい(笑)
なんか四六時中ぽか~んとしてました。
呆けてただけかな(笑)
でもなんだか騒げなかったですね。
なんでしょうか・・・

長年の夢が叶って自分でもどうしたらいいかわからない。

これが正しいかも。
でもまた来ます。
ここは絶対また来る。

そういう感じがする。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。