上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.03 Passage 53
Passage 53 パッサージュ53
53 passage des Panoramas
75002 Paris
Tel:01 42 33 04 35

DSCN3133.jpg
実は2回目です。
初回はオープンして1週間で行きました。
シェフは日本人の方です。

ここはパリの有名なお肉屋さんがオーナーさんで
とにかくお肉がおいしいよ!とのことです。

今日は友達と4人で「飲むぞー!」な会でもあったので
料理は少なめに。軽めに。エレガントに(笑)

プティ・ポワのヴルーテ
シェフからのプレゼントです~って持って来て下さいました。
DSCN3114.jpg

仔牛と牡蠣のタルタル Passage53
スペシャリテです。
DSCN3117.jpg

鴨胸肉のロティ
綺麗な火入れですね。
これをね、Laguuioleのナイフで繊維を崩さずに綺麗に切るのが好き。
ギコギコやりません。スーッとエレガントに(笑)切ります。
あ、そういえばナイフはForge de Laguioleでオリジナルでしたよ。
DSCN3123.jpg

コート・ド・ヴォのロティ
おそらくアマンドの香り
DSCN3127.jpg


ワイン行ってみましょ!
Mâcon Villages 2006 valette
DSCN3120.jpg
Touraine 2007 Clos du Tue Boeuf
DSCN3128.jpg
Bourgogne 2006 Claude Dugat
DSCN3131.jpg

お店ではここまで。
お化粧室に行く途中で、お店の皆さん楽しそうにまかない食べてました。

シェフにお礼を言って、じゃあ帰るかとなるも
「まだ飲める」
と言ってきかないわたしに付き合ってくれたようなもんですが(笑)
もう一度3人で近くのカフェでもう1本!

Chassagne Montrachet Clos de la Boudriotte 2006
Vieilles Vignes Vincent Girardin 素晴らしいシメ
DSCN3135.jpg

で、気づけばこれまた二人になり(笑)
結局始発が出る前まで飲んでました。

あ~あついに朝までやっちゃったよ(笑)

でもめっちゃ楽しかった!
また飲みたいなぁ!うひひ!




スポンサーサイト
2009.06.03 ANGELINA
ANGELINA アンジェリーナ
226 rue de Rivoli
75001 Paris
Tel:01 42 60 82 00

ビストラルの後に行ってきました!
アンジェリーナ・パリ本店は1870年代開業。
オーストリアの菓子職人 アントワーヌ・ランペルマイエが
南仏ニースのヴィクトル・ユーゴー通りに、ウィーンの香り漂うケーキや
砂糖菓子などを製造販売する店を開いたのが始まり。

カフェは1902年にこの場所に造ったそうです。
ココ・シャネルも来ていたんだって。
DSCN3070.jpg

パティシエのお友達がMont-Blancにしたので
「ん~なんにしよ~レモンのタルトは売り切れてないなぁ・・・」
と思ってメニューを見ていると・・・!

Mille-Feuille à la Mojito

の文字!!!「モヒートのミルフィユ」!!!!!
モヒート好きにはたまらないお知らせ!!!
ラムのクレーム・パティシエールって書いてたと思います。

「これ!!!」

と即決めしてオーダーしたものの・・・


「ミルフィユは売り切れました・・・」


と言われる・・・orz
悲しい・・・本当に悲しい・・・
仕方ない・・・またリベンジしに来るか・・・てことでオーダー変更。
シンプルにチョコとフランボワーズのタルト。
DSCN3062.jpg

有名なのはMont-Blanc
DSCN3064.jpg

Chocolat Chaud
ナッツのような濃厚な香り。
DSCN3067.jpg

パリに来たら一度は行ってみたいANGELINA。
DSCN3069_01.jpg
2009.06.03 Le Bistral
Le Bistral
80 rue LEMERCIER
75017 Paris
Tel: 01 42 63 59 61

ず~っと前から「行きたい!行きたい!」と言っていた
Le Bistralへ行ってきました。
DSCN3061.jpg


アスパラガス(ホワイトとグリーン)とモリーユ、Vin Jaune添えいろんな調理方法の物をVerrine仕立てにします。
アスパラのアイスクリームやムース
モリーユのジュレなどを積み重ねて軽い軽い仕上がり。
DSCN3051.jpg

これ、別添えでスポイトに入ったVin Jauneが出てきます。
Vin jauneはちょっと特別な造りをするワイン。

ジュラのサヴァニャンというブドウを使います。
遅摘みのサヴァニャンを発酵させた後
頭に穴があいた樽に移してから6年間熟成させます。
その間にフルール・ドゥ・ヴァンと呼ばれる産膜酵母による膜ができます。
その膜がワインを酸化させないようにし、風味に変化をもたらします。
そしてシェリー酒みたいなクルミやアーモンドの香りをもたらします。

あんまり日本にはたくさんありませんね。
で、このVin Jauneを少しづつかけて召し上がれってことです。

で、ワインは
DSCN3047.jpg
これはジュラのシャルドネとサヴァニャンで造られたもの。
おいしかったです!


Pintade(ほろほろ鶏)のロティ ソース・フォアグラ
DSCN3056.jpg

ほろほろ鶏大好きなんです。
これはお野菜の甘みとばっちりでしたよ。
フォアグラのソースでした!


ところでChablisの試飲会に行った時にいたおっちゃんがいた・・・

あの人はオーナーか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。