上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.24 l'Arpège
l'Arpège アルページュ
84 rue de Varenne
75007 Paris
tel;01 47 05 09 06
ココ?っていう外観よね。
DSCN5103.jpg

Dijonへ出発する直前のお昼に行ってきました。DSCN5105.jpg
お昼のムニュです。
今回品数多いので、写真全部載せますがごっつ長いんで。
あしからず~。

アミューズ
おいもの小さなお皿に白いのがニンニクピュレとラディッシュ。
もう一個が人参とトマト。
DSCN5113.jpg
SUSHI これすしなんやって。野菜のすし。
ミントオイルとしょうゆ。
すしの外はやわらかめな・・・ライスペーパー?
DSCN5114.jpg
Tempra 発音すると・・・「トンプハ」(笑)かわいい。
玉ねぎとか、花ズッキーニとか。
このままでいただきます。
トンプハをナイフとフォークで頑張って食べるべし!
DSCN5116.jpg
トマトのガスパチョ。
ムタールのグラス。
めっちゃおいしかった。
おいしいトマトって幸せ呼ぶよね。
DSCN5122.jpg
さらに赤い一品。
感動しました。
オニョン・ルージュとパルミジャーノ・レッジャーノのグラタン。
甘いし、パルミジャーノの程よい酸味もあるし香ばしいし
おーいーしー!!!なグラタンでした。
久しぶりに「終わってほしくない一品」でした。
DSCN5123.jpg
ポワローのリゾット。ソースはエルヴ色々。って言われた。
DSCN5125.jpg
野菜!野菜!野菜!とクスクス。
ちょ・・・またソース忘れた・・。
あかん・・・最近こればっかり。
DSCN5129.jpg
そしてヴルーテ。
「ヴルーテいっぱい出てくるでー」って言われてたけど(笑)
ポワヴロン・ヴェールとクルジェットです。
に、ジャンボン(ハム)のエスプーマ。
このヴイヨン・カップ素敵。
DSCN5130.jpg
んでメイン。
鶏か舌平目が選べました。
プレ。
DSCN5134.jpg
ソル。わたしはこれね。
おいものフュメとキャベツ。
ソースは・・・抹茶!
DSCN5135.jpg
フロマージュ。
かわいい~(持病)
コンテ2004 おいしいよー!
アミノ酸ぎっしりー!
DSCN5137.jpg
先に出てきたミニ。
DSCN5139.jpg
デセール。
来た!これ食べたかったのー!!!
Bouquet de Roseバラの花束
なんでできているでしょーか?
りんごでーす!
りんごをうすーくうすーく桂剥きにしまして、くるくる~。
それをパイに乗せてこんがり~。
かわいい~。しかもおいしい~。
あ~感動。幸せ~。
DSCN5140.jpg
まだある(笑)
DSCN5144.jpg
今度はトマト。
甘酸っぱーいトマト。
ローズマリーとヴェルヴェンヌ、ミントのグラスです(覚えてた!)
DSCN5145.jpg
では、最後にワイン。
DSCN5132_01.jpg

以上でございます。
アラン・パッサールは・・・すごかった。
醤油で始まってから、料理が進むごとに味のシャープさが減っていくのね。
かわりにどんどん野菜の甘みとか土の香りとかが強くなっていく。

はっきり言ってドン引きするくらいおいしかったです。

あ~あ、言っちゃったよ。下品ねぇ(笑)


ワインおいしかったです。
しかし・・・この料理内容だと・・・2002では役不足でした。

実は野菜なのであえてChassagne Montrachetを選んだのですが・・・
すいません。未熟でした・・・。

料理が完璧すぎます。

1+1=3

は難しい。
先日友達の家で飲んだ
Chassagne Montrachet 1er cru 2005 Ramonet
これはもう・・・完璧すぎて勘弁してって感じでしたが
おそらくこのクラスでないと難しいでしょう。

あ、それか・・・こないだ飲んだ幻の・・・(笑)
Meursault Desiree Comte Lafon 1997
だったらどうなんだろうか・・・
気絶しそう(笑)もう生きていかれへんよ。そんなん経験したら。
よかった。まだ生きれるわ、あたし。

それか・・・むっちゃ熟成したブルゴーニュの超絶おいしい赤。
それこそMusignyなんかで・・・じゅるり。おっと失礼。

これやってみたいなぁ・・・。
アルぺージュのワインリストは一見「バカ高っ!」な感じでしたが
ってか本当にいいのでないと・・・合わないよここの料理。

料理が完璧すぎる。
並みのワインでは・・・ついて行けません。

ってことで納得。



やられました。



あ~この先野菜食べる自信がない(笑)






スポンサーサイト
2009.09.19 収穫終了後
終わってしまいました。

ラストスパートは別チームになっていたちょっと年配組みも
合流して、みんな一緒に最後の収穫!

みんな疲れてたけどいい顔してた。
今日で最後とわかった瞬間、荷物を置いていた車まで
ひとっ走りしてカメラを持ってきた(笑)
DSCN5212.jpg
ジャポネーズみたいに写真とろ~と言ったのはパコ(笑)
右からローランス、パコ、マリアンヌ、わたし~
DSCN5216.jpg
どろどろなわたしとぶどうたち
DSCN5217.jpg
終わりゆく収穫
DSCN5219.jpg
ふざけ始める収穫人(笑)
DSCN5225.jpg

打ち上げ。
シャンパーニュ、ではなくクレマン・ド・ブルゴーニュ。
と、パトロンのありがたいお話(主に給料の受け取りについてww)
DSCN5227.jpg
どっからみても兄弟なシェフふたり。
大好きです。
DSCN5232.jpg
ローラとパコとわたし。
DSCN5233.jpg
そしてラフ!!!(笑)
ラフはねーわたしの左、わたしより顔が小さい男前ですww
DSCN5237.jpg


ということで、これにてVendanges2009は終了しました。


あーさびしいよー・・・。


わたし今回は自分でお仕事見つけて
普通に決まったお給料をもらいたかったのね。

紹介とかじゃなくって、スタージュでもなくって。
自分でで申し込みもやって
絶対最後まで休まず遅刻せずやり遂げるんやって思ってました。

収穫は本当にキツかった。
でも行きたくないって思ったことは1回もなかった。

毎日楽しみだった。

どんどん体中痛いとこが増えていくけど
それも嬉しいくらいだった。

土とぶどうと向かい合ってると色んなこと考えた。

最後の最後は、ぶどうとお別れすることより
出会った人たちとお別れするのがさびしかった。


やっぱり最後は人だった。そうか・・・って思いました。



まだ左手にはぶどうの房を持つ感触が
右手にははさみでバチンと切る感触が残っています。

足首には痛みがあります。

これは少しずつ薄らいでいくと思うんだけど
2009年のブルゴーニュのぶどう畑にわたしがいたのは確かです。



いちばん来たかった場所。いちばん立ちたかった場所。



ここで感じた感謝の気持ちをずっと大事にしていきます。

今年のブルゴーニュには「まいこ!」という声が何度も響きました!

みなさん本当に応援とご協力ありがとうございました。



最高!!!













2009.09.18 最終日
あと2日なのか、4日なのか・・・

なんと今日終わりました!!!(笑)

お天気次第だったみたいね。
今日は朝からしとしとと霧雨が降る中、収穫開始。
ついにカッパ登場!!!
カッパ人気!!!
「まいこそれどこで買ったーん?」とよく聞かれた(笑)
いい仕事してますね、無印良品さん(*^^)


開始した時には雨は上がっていたものの
昨夜からの湿気で葉はびちょびちょ。
果実も場所によっては結構雨かぶってました。
かわいそうに・・・と思いつつ収穫開始。
DSCN5209.jpg


カッパがあってもお腹あたりも背中も泥かぶりまくり(*_*)
靴が次第に重くなってきたぞと思ったら
泥まみれで重さ倍増!!!


しかし寒さはなく、むしろカッパで快適な温度。
昨日の午後の続きのVougeotの向かいの畑を終えました。
キツかったー!!!


ラフ(ラファエル)が
「まいこ大丈夫か?今朝はちょっと厳しいよなー」と
声をかけてくれます。


ラフ!!!いい男すぎる!!!(笑)


午後はVosne Romanéeの74号線をはさんだ向かい・・・
をずーっと進んだところ。
ここもうVosne Romanéeじゃないよね・・・?


アペラシオンBourgogneかな?


ここにたどり着くまでにね・・・迷子になったの(笑)
同じドメーヌの別チームと一緒にいて
「え?他のみんな来るよね?」って黒人の男の子に聞いたら
「けーへんで」
・・・ショック!!!
またやらかした!!!(笑)
encore!!!


急いで引き返してシェフに泣きつきました(笑)
やっと合流。


ラフが「まいこはうちと一緒にやる」と言ってくれるのですが
シェフが「まいこはジャン・クロードと一緒にやる」と言う・・・。
ラフはわたしがパコと一緒にいる方がいいだろうと
気遣いしてくれてたんよね。ありがとうラフ、パコ。
でも大丈夫。


そして畑へ・・・

これまたひーろーいー!!!

終わり見えてへん上に上り坂になってるー(ToT)/~~~
DSCN5210.jpg

ぜーぜー言いながら、しかも午後は待ってましたとばかりに
晴れてきた!!!これぞ収穫日より!!!
厚着をやめて、帽子かぶって汗だくで収穫!
泥だらけ!

最高!!!


・・・の直後、左股関節がガクンとなって倒れそうになる。
びっくりした。
股関節弱いんです。
一瞬体重かけれなくなってびっくりしたけど、すぐに復活。


さすが・・・病は仕事をして治せ。やな(笑)


で、半分くらい終わったところで
「今日で終わりやで」という情報。


今ですか!?


みんなテンションダダ上がり(笑)
疲れてしーんとしてたのに歌うわ歌うわ(笑)


最後には全チームに、パトロンも合流して大団円にて終了!!!


感動的な終わりでした。


写真もいっぱい撮ったよ。
しかし今日ちょっとアップできないので
明日パリに帰って、収穫後の打ち上げの様子と写真をアップします。

パリっ子たち!!!
もうすぐ会えるー!!!
2009.09.17 収穫8日目
8日目終了。

キツかった・・・。
朝の寒さがヤバい・・・。
貼るカイロ持ってくるんだった(ToT)/~~~

靴下2枚履き、もちろんヒートテック。
手袋も2枚にしてみた。
しかし昨日切った所がたまに樹に当たったりして
それが恐ろしく痛い!!!

「うーーーーーー!!!」

と唸るしかない。


とにかく朝一が勝負・・・。
今日は9時半くらいにはちょっと太陽が昇って
すごく曇ってたけどちょっと気温が上がりました。

パリに帰ったらこりゃうどんやな・・・。
と一人でうどんを食べる妄想浸ってました。

今日は朝一、おそらくChenoveのMarsannayの畑。
ChardonnayとPinot Noir半分ずつくらいを全員でやる。

しかし・・・平日になって、人数が減ってるんです。
今25人くらいかな?
広い畑の場合、25人だとひとり一列のノルマ・・・。
向こう側まで100メートルはある・・・。

そろそろ足腰ヤバいよ・・・。

しゃがむのがキツい。

「うーーーーーー!!!」

って言ってる(それもか)
で、そのままカニ動きで横ばい。
途中バケツをリーダーに渡す。
バケツは多分5~8キロくらいかな?
もう左腕1本で持ち上げれます(笑)
腕はいいんやけどね・・・足が痛いわ。

午後はVougeotの74号線はさんで向かい。
多分アペラシオンBourgogneやね。

ひーろーいー。

足いーたーいー。


結局全部終わらず・・・。
途中雨が降る。
ざーっ!!!とは降らないんよね・・・。

ぽつぽつ。 とか。
ぽつぽつぽつ!!! とか(笑)

でもまだ湿度は高くて気温がちょっと高くなったので・・・
明日あたり・・・来るか?

もう今日はCentreまで歩いて行く元気もなく
とぼとぼ歩いて帰ってきました。
お家でパスタつくりました。

あと2日で終わり説と、4日で終わり説があります(笑)

どないやねーーーーん!!!
2009.09.16 収穫7日目
7日目終わり。

天気が悪い。寒い。
すでに服は5枚着てます。
明日から靴下2枚履こうかな・・・

なんと今日は手袋を忘れてしまった!ショック!
めっちゃ寒いのに素手で葉っぱとぶどうを触るのは危険(-“-)
手の動きが鈍くなると・・・

はい、切りました。

バチン!ってやりました。
左手の人差し指・・・ナイキのマークみたいに切れた(*_*)

血、ボタボタボタ!!!って落ちた。
ブルゴーニュの大地に、わたしの血がしみこまれました(笑)

みんなめっちゃ切ってます。
今日バスで隣にいたおっちゃんは
「それ縫わなくていいの!?」ってくらいバッスリ切れてた・・・。
わたしのはそれほどではないので大丈夫。

ローランスは初日に指3か所切った。


楽してませんよ。収穫人。


わたしもずっとしゃがんでるのでかかとの骨が痛い。
こういう痛さは初めてだわ。



さー7勤を終えて、いつ終わるんだろうねー。
雨が降らなければいいんだけど・・・。
小雨だと葉で隠れてるぶどうたちは安全。
収穫してしまう方が果実が濡れてしまうね。

今日は朝はFixinからスタート
おそらくLes Crais de Chêneという畑。

樹。
DSCN5200_01.jpg


あ、そうだ1本だけBlancがあったので
「これは何?」とシェフに聞いたら
「Chardonnay」と。
いきなりなん?
このPinot Noirだらけの畑にいきなり1本だけChardonnay?
そういうもんなのか・・・?

そうそう、シェフがわたしが遅れてると手伝いに来てくれるんだけど
「ぶどうはな、この小さいのにいっぱい糖分があってこれがいいんや」
と教えてくれた。小さいのも見逃さずにちゃんと取ります。
葉っぱが多いと隠れて見えないのよね・・・。
だからちゃんと葉っぱをブチブチとらないとダメ。

最近シェフがとうとうわたしの名前をちゃんと覚えてくれた(笑)

魔王→マカオ→シャポーノワール(黒い帽子)→麻衣子

出世したなぁ(笑)



午後はEchézeauxへ。
Grand Cruの Echézeaux En Orveaux という畑を2か所。
そこで再び見つけたロゼちゃん。
ほら。かわいいでしょ。
DSCN5204.jpg

DSCN5205.jpg
今日この畑でヘビが出た!!!
DSCN5203.jpg


そして15時半くらいからぽつぽつ雨が・・・。
うーん。ひどくならなければいいんだけど・・・。
明日降るかどうかでいつ終わるかも変わってきそう。

Vincent Mongeardの次女(べっぴん)の旦那さん。
この人もVincent。やっぱり多いね。Vincent。
わたしのことを「おい、シノワーズ」と呼ぶが
わたしが「ジャポネーズじゃい」と言い返すのを面白がっている(笑)
DSCN5201.jpg


今日のお仕事が終わってから、リーダーたちが
私たちが使うソー(バケツ)を洗ってくれてるのを見た。
ありがとうございます。
DSCN5207.jpg


わたしが今いるグループのキーパー(リーダー)は
ラファエルという男性。バリかっこいい。マジかっこいい。
わたしの大好きなパコという女の子の旦那さんです。



あー明日晴れますように!!!


2009.09.15 収穫6日目
はい~6日目終了~。

休憩の時にパリの友達に電話しました。
早く会いたいけど、収穫が終わるのさびしいな・・・。

今日は朝はChenoveでMarsannayの村名の畑。
Clos du Royという名前の畑ですね。

その後Fixinへ移動。
アペラシオンはFixinもしくはCôte de Nuits-Villageの畑で
Les GibassietとLa Mazièreだと思います。
DSCN5196.jpg


Fixinのぶどうさん
DSCN5194.jpg
アーップ!
DSCN5195.jpg


畑の位置を確認する目印を見つけるのが大変です・・・。
うっかり移動中寝てしまって
「ここどこー!?」ってなったり(笑)

今日はドメーヌのスタッフに
「今年のぶどうはどう?」って聞いてみました。

「Très Bien!! C’est bon millésime!!!」
「今年はいいぞ!!!」

とのことでした。

「まいこワイン知ってるんか」と聞かれたので
「ソムリエなんだー」と言ってみました。
彼は神戸も知ってて(フランスでも神戸牛は有名)
Fixinを収穫してる時だったので
「日本にFixinはあるか!?」と聞かれました。

そして、勉強のためにヴァンダンジュに来たこと。
Mongeardのワインを飲んで、気に入って
自分でここを選んだことも話しました。

ちょっとうれしそうな顔をしてくれました。

そう、確かにMongeardにして正解だったと思います。
色んなアペラシオンを経験できるし、グランクリュもあるし
初心者でも大丈夫なので、みんな協力し合って親切。
ほら(笑)
DSCN5197.jpg


なによりも自分で飲んだことのあるドメーヌ。
自分で実際にサービスしていたドメーヌで収穫をしたかったのです。



わたしは収穫だけだけど
何かを生み出す人たちってすごいなぁと思います。

今日移動中、ずーっと畑を見ていて、すごくきれいで

人生色んな事があるけど、今日この景色を見て
「幸せだなー・・・」って思うために
いろんな事を乗り越えてきたんだなぁと気付く。

ここまで来なきゃ気付けないのダメなんだけど、本音です。



そしてそう思った後はやっぱり・・・
わたしの周りのすべての人、物、自然に感謝。

わたしも何かを残す人、残せる人になりたいなぁと思います。


2009.09.14 収穫5日目
5日目終了!!!

これで折り返し地点ぐらいだといいんだけど・・・。
いつパリに帰るか依然不明です・・・。

さて、今日は昨日バキッ!と言った
Les Grands Echezeauxです。

これが・・・今までで一番の難関だった・・・。

広い!長い!

この1列ひとりでやったから!!!
終わりみえてへんがな・・・
DSCN5187.jpg



結局午前中4時間びっちりやっても終わらず
午後も引き続きこの畑。

ここに6時間費やしました。

今日は雲ひとつない青空で、朝は寒く、昼は暑い!!!
朝一は厚着してたのでキツかった・・・。
ごはんの時に調子に乗ってワイン飲みすぎて息切れ(笑)

でもちょっと上半身の筋肉取り戻してきたかも(*^^)v
仕事辞めてから腕の筋肉もむちゃくちゃ落ちてしまった・・・。
肩幅ごっつ広いけど、ムキムキな腕は結構好きなのです(笑)

午後からはClos de Vougeotの隣。
Les Treuxへ。

全部終わってないので明日の朝はここからだろうな・・・。
DSCN5190.jpg
いい眺め。
DSCN5192.jpg


Les Grands Echezeauxはかなり完熟な感じで
すでに落ちてしまっている果実も多かったです。

でも甘味はClos de Vougeotのほうがあったな。

実のなり具合はLes Grands Echezeauxの方が良い。
こっちの方が日当たりいい感じがするなぁ・・・。
1本の樹に5~15房くらい生ってました。
DSCN5189.jpg


そうそう、うちのグループのリーダーのトニーが・・・
消えました。
よくわからんけど他のグループのリーダーとモメてたんよね。
で、気付いたらおらんかった。
同じグループの黒人の男の子が
「トニーはもう帰った~♪」
って歌ってたんでそうなんでしょう。
デジャよ。デジャ。

トニーちょっとアル中っぽかったからな・・・。

あたしらがバケツに集めたぶどうをリヤカーみたいなんで
回収するんやけど、めっちゃ遠くから呼ぶんよね。
「はよ持ってこーい」って・・・
いや、来てくれよ・・・的な・・・。

でも新しいリーダーはみんなの所に来てくれるので
みんな早速「あいつはGentilやな」と口ぐちに言ってました。

そらそうよね・・・。

Les Grands Echezeauxのぶどう。
わたしが収穫しました~
RSCN5193.jpg
2009.09.13 収穫4日目
4日目終了!

今日も朝から寒かった・・・帰りにパーカー買いました。

日の出がどんどん遅くなってるから朝の気温は下がる一方です。
いざ収穫が始まるとしゃがむので、風もよけれて意外にあったかい。
始まるまでが寒い!!!
無駄に風邪ひいたりもしたくないので、諦めてパーカー買いました。



今日は土曜日で、多分今日明日は週末だけ参加する人がいるみたい。
大人数でした。

今までに1か所に2時間半くらいが一番時間がかかった所だったけど
みんなかなり慣れてきてるので、今は長くても1時間半くらい。
移動はバスか徒歩なので、ずーっとしゃがんでるわけではないので楽です。



今日は午前に
Gevrey ChambertinのLa Justice
Vougeotの村名の畑。
VougeotのLes Petits Vougeots

午後から
Gran cruClos de Vougeotを2か所。

計7時間のお仕事。
ここんとこ17時に終わってるんですよね。



Clos de Vougeotはやっぱり広いー!



2か所なので途中徒歩で移動しながら土を見てたけど
同じClosでも土の色が違う所があるんですよね・・・。
Mongeardの畑は両方とも湿った感じの黒い土。
でも間で乾いたちょっと明るい色の土のところもありました。

樹齢も見てると差がある。
あー若樹ちゃん!ってところもあるし。

Mongeardはけっこうしっかりした樹ですよ。
Clos de Vougeotのピノは果皮の色がしっかりしていて色が濃い。
しっかり生っているものは、かなりの重量があります。
1本の樹に少なくて5房。多くて10房くらい。

そうそう、Clos de Vougeotでグリのぶどうがいました。
ロゼなの。1本の樹だけ。
食べてみたら果皮がすごく甘くておいしかったー!



しかしドメーヌの人たちも
「はいここからここまで!」って場所を指示するけど

よくこんなのわかるな!

って言いたくなるくらいどこが誰の畑かなんてわかんない。
え?この隣は違うんですか?みたいな。
でもよく見ると列の端のあしらいが微妙に違ったりする。
わからんわ・・・。



今日の収穫を終えて、当主Vincent Mongeard自ら運転する
大型バスにみんなで乗り込んで、ドメーヌに帰る時。

あの細い道を大型バスで曲がるわけですよ。
行ったことある人はわかると思うけど、バスよ!?
観光バスみたいな!!!
でもフランス人って車運転するのは下手だけど
バスはやたらとうまいのよね・・・。
拍手したくなるときあるもん。

しかし当主は・・・イマイチへた・・・。
曲がろうとして・・・


バキッ!!!


って言ったのね・・・。
怖くて見れなかったけど、あそこは石垣のない所だったので・・・
多分・・・

言わないでおきます。



ちなみにその場所Clos de Vougeotの上・・・と言えば

Les Grands Echezeaux です。

ちーん。

2009.09.12 収穫3日目
3日目!

ちょっと慣れてきました!!!


今日は朝めっちゃ天気悪くて寒くてやっば~って感じでしたが
お昼からは晴れて暑くてしかたなかった!

今日からVosne Romanéeの村名の畑。

Aux Réas
Aux Genaivrières


ひろいーーーーーーー。

仕事は切ったブドウを集める人がリーダーで
6~7人くらいのグループが5組くらいかな?

「はいここー。次あなたはここー。」

と場所をあてがわれます。そのまま一直線に進むのみ!!!
長い所で100メートル弱くらいあるかなぁ・・・?
気が遠くなりますが、早く終わった所は手伝いに来てくれます。


ちょっと年配の方々は別行動してます。



午後の収穫はドメーヌの裏。
歩いて行きました。
DSCN5174.jpg

刈るぞー!
DSCN5177.jpg

手袋をつけてるんだけど
これがどのくらいでネチネチのバチバチになるかで
ぶどうの糖度がわかる(笑)

ぶどうはどれも結構甘いです。
この甘味をアルコールに変えるんですね。

おいしいよ(*^^)v



今日ドメーヌの男の子が

「シノワーズ(中国人)どこ行った?」って言うのが聞こえたので
立ち上がって(立ち上がらないとどこにいるかわからない・・・)

「ジャポネーズじゃい」

と言った。すると

「日本人はグループで来て、みんなカメラを持ってるもんや」と言う。

よくわかってる(笑)

「あたしもカメラは持ってるで~」と言っておいた(笑)



この子に「今までで日本人が収穫に来たことあった?」と聞いてみた。

「いや、中国人はおったけどな。あいつらずっとしゃべってるねん・・・」

と言ってました(笑)



日本人は初めてだそうです。

来年以降も日本人を雇うかどうかはあたし次第ってこと・・・?


Ah-Ha-がんばります(笑)

日本人のいとこがいるというマルティニークの女の子。
ローランスと。
DSCN5179.jpg

2009.09.11 収穫2日目
2日目。

寝てる時からどうも足が筋肉痛だった・・・。

今回貸してもらったお家。
送迎バスの停留所から10分以内の場所ですごくラッキー。
土地勘のない所なのによくぞここへ行きついたものだと感心。

バスから見た朝やけ。
DSCN5163.jpg

こんなの毎日見れたら幸せね。



みんな「まいこ」という名前が珍しいので、よく呼ばれます。

しかし、ドメーヌで働いてるおじちゃん。



「まおー。まおー。」 って・・・


誰が魔王やねん


って感じやわ・・・。



一緒にご飯食べてる若い子が「まいこ」をすぐ忘れるので

「マイケル・ジャクソンのマイコーと一緒やって」と言うと

「ピュッタ~~~ン!!! そうか~~~!!!」

やって(笑)

「じゃあご飯もムーンウォークしながらやな~」やって(笑)




休憩中に撮ってみた。
DSCN5165.jpg

モンジャール家のお家。めっちゃかわいい。
DSCN5166.jpg




今日の午後は一か所の畑のみ。

しかしこれがキツかった!!!

Clos de Vougeotのちょうど向かい。
あれはアペラシオンは「Bourgogne」かな?

むっちゃ広い畑!!!

途中から足腰かなり痛くなってきて、これはヤバいと思い
もう地面に体操座りでブチブチやってました。

やっとの思いで終わった時はみんなかなり息切れしてた。


こっちの人たちと筋肉量が全然違うんでホンマにキツい。
そして筋肉の瞬発力っていうのも劣るので
ハサミでブチ!っていくのも多分遅い。

だから遅れがち・・・。

そんな時に限ってむっちゃぶどうあるところに当たったり!!!

ここで気が緩むと間違いなく手を切る・・・。

急ぐとぶどうが落ちる・・・。



なるほど、熟練者を雇うというのは大事なことねって思った。



は~今日はもう腰から下が痛いです。
寝ます。

あ、携帯の充電器買いました。
お騒がせしました~。




2009.09.10 収穫1日目
起きれました!!!
6時20分のDijonのはずれ。
DSCN5151.jpg

くっら~

バス停に着きましたが自分が乗るバスの番号が書いてない・・・。
ビクビクしていたら、同じMongeard Mugnuretにいく人と出会い
ちょっと安心。ってかかなり安心?いや、この時点で舞い上がった。

そしてバスも来て、N74をバスで南へ。
よく考えたら北から行くのは初めて。

「あ~ここにこんな造り手が」っていうのがけっこうありました。


日の出をChambolle Musignyの村の真ん中あたりで見ました。


美しすぎますね。
感動した。


そしてドメーヌに到着。
DSCN5156.jpg
40人くらいいたかな???

はい、日本人はひとりだけー。わたしだけー。

予想してたけど・・・。
アジア人もわたしだけー。

なんとか説明も理解でき、翌朝の送迎バスの説明も聞き、畑へ。

今日はサヴィニィ・レ・ボーヌを中心に5か所くらいの畑を回りました。
畑の移動はバス。

まずは、ドメーヌの人がお手本を見せてくれます。


「葉っぱ落としてな、ブチブチ行く。ちっちゃいのは切るな」


以上!!!
丁寧なご説明ありがとうございました!





そして・・・切ってみた・・・。

ザク


わーーーーーー・・・・・・・


なんて感動に浸っている場合ではない!!!


切れ切れ切れ切れ切れ!!!!!



こうしてわたしの生まれて初めての夢のヴァンダンジュは始まりました。



午前中はなかなかハイテンションで終われたものの・・・
午後はキツかったー。

特にお昼一番の2時!

あつーーーーーーーい!

明日からは帽子持って行きます・・・。


手袋も必須。

手が疲れる。

「手から疲れる」が正しいかな。

その後は16時頃にはひざ下がちょっとカクカクしてくる。

うわ、来た。 って思った。

もう全身泥だらけの汗まみれ。


でも・・・・・・・楽しい!!!


畑を移ると土の色も違うし、実のなり方も違う。

ここはいい畑なんだろうなってとこは、ぶどうの実が締まってる。
すごく切りにくい。ハサミを持つ手が思うように動かなくなってきます。

慣れると、あ、ここだろうなって切る場所がわかってきたりする。

調子に乗るとはずす(笑)



でもできるだけ実を落とさないように(落ちまくる)

でも出来るだけ速く!!!


大変だわ、こりゃ。


あーもう寝なヤバい!!!


また明日ね!


ビズ!





今日、パリで友達と再会し、感動の旅立ちでDijonまでやってきた私。

お部屋を貸してくれるカトリーヌとも無事会えて

自宅より広いシャンブルを貸してもらい

さっそく携帯を充電しようと思ったら・・・




充電器忘れてきた・・・




サイッッッアクや!!!!!




どうしたらいいんや!?




仕事終わるの18時やから

そっからDijon帰って来ても店が開いてるかどうか・・・



店が開いてれば充電器だけ買うのだが・・・・・



あ~~~~~~~サイアク



明日無事にたどり着けるんかな・・・。


皆さん祈ってて・・・。


朝6時38分のバス。



日本時間で13時38分ね。


これ乗れんかったら終わりやから・・・。


がんばる・・・。
明後日から約10日間。

ブルゴーニュへぶどう収穫のアルバイトをしに行きます。

今回行くのはMongeard Munuret モンジャール・ミュニュレ。

エシェゾーを一番たくさん持っているおおきな造り手さんです。



今回はANPEという職安サイトを教えてもらい、その中の

Saisonnierといういわゆる「季節労働者」のお仕事を探しました。



そしてそこから直接メールでドメーヌに連絡を取り

先方から「宿はないですが、ご自分で手配されるんでしたら大丈夫ですよ」

という返事をもらい、書類を送って登録完了。



8月27日頃に電話で連絡があり

「9月9日7時30分にドメーヌ集合」とのこと。


それから大急ぎで宿探し。

しかしホテルは高い。寝に帰るだけだし・・・。

ユースはどうもいや・・・。

で、探しだしたのがコロカシオンと言ってルームシェア募集のサイト。

ここで自分の条件を入力して、条件に合う物を紹介してもらうというものです。



結局この中から決めまして、明日から約2週間

Dijonで同い年の女性とルームシェアすることになりました。



毎日朝早いし、またしても言葉わかるんか不安ですが

ついに念願の「コート・ド・ニュイのピノ・ノワール収穫」ができるので

また思いきり楽しんできます。



で、その前に明日のお昼はアルページュ(☆☆☆)へいってきま~す。


2009.09.06 コルマール
アルザスも最終日。旅行も最終日です。

「コンフィチュールの妖精」クリスティーヌ・フェルベールの所へ
行ったのですが・・・なんと村のブロカント(蚤の市)のイベントで
お休み・・・(ToT)/~~~

むっちゃショックでした。
帰るまでに行けるかなぁ?

で、最後の立ち寄り場所。コルマールへ。
DSCN4950.jpg

かわいい町でしょ?

ドラクエとディズニーランド足して2で割ったみたいよ(笑)
DSCN4958.jpg

お昼ごはん。
今日は昨日の後遺症があり(胃もたれ)
シュークルートを食べたかったのに無理・・・
ジロール茸のサラダです。
DSCN4954.jpg

その後も町をぶらぶら。

これ、せっけん屋さん。
石よりかたいぜ~♪(笑)
DSCN4961.jpg

アルザスやなぁ~な風景。
DSCN4966.jpg


ということで、この後はストラスブールまで車を走らせ
TGVでパリまで帰ってきました。

パリでは「最後に和食やろ~」ってことで鰻をめざしたが
バカンスでお休み(ToT)/~~~

別のお店でお好み焼きとかつ丼ディナーにしました(*^^)v


というわけで、あ-----やっと書けたー!!!


長かったー!!!


今回の旅に誘ってくれたYちゃん、Nさん。

旅行情報をいっぱい教えてくれたKちゃん。

酔い止めをくれたMさん、Mちゃんご夫妻。

シャモニーからのわたしのしょうもない電話に付き合ってくれたT(笑)

お宿やレストのマダムにムッシュー。

お天気!土!緑!ぶどう!

長々とブログを読んでくださった皆さん。

家族!友達!

みんなありがとう。



今回も、わたしから特大の・・・

Bisous!!!

残りのフランス生活、まだまだ楽しみます。







Ribeauvillé リボーヴィレのお宿に泊まりました。

高台からぶどう畑を見下ろす絶景(わたしには)ホテル。
DSCN4882.jpg
到着後すぐプール(笑)泳ぎ納めして町へ。
DSCN4895.jpg
ドメーヌの直売所もいっぱい。
DSCN4896.jpg
看板がかわいいのよ。
DSCN4908.jpg

この日。タルト・フランベを食べよう!ってことで入ったお店。
このエスカルゴ、今まで食べた中でいちばんおいしかった!
DSCN4909.jpg
タルト・フランベ
うす~い生地のさくさくピザ、と思ってください。
DSCN4912.jpg
これ、本当においしかった。
こういうのってほんまに「粉モン文化」やなぁって思います。
ソッカも、タルト・フランベも、お好み焼きも。


で、ワインもせっかくなのでリボーヴィレに。
DSCN4913.jpg

しかし・・・ついに食べ過ぎてダウンしました・・・。


そうそう、リボーヴィレはコウノトリの里。
ほら!塔の上にコウノトリの巣!!!
DSCN4917.jpg


翌朝、散歩。
おはよう。
DSCN4923.jpg
ぶどうさん。
DSCN4921.jpg





アルザス地方、Bergheim ベルグハイムという小さな村へ。
Marcel Deisse マルセル・ダイスにデギュステしに行きました。

実はまだ2回目のドメーヌ訪問。
ここは施設もすごくきれいで、ボルドー?ってくらい綺麗でした。

DSCN4855.jpg

わたしとマルセル・ダイスの出会いは、ある年のクリスマスディナー。
フォア・グラのコンフィに合わせて出したのが、これ。

Grand Cru Altenberg de Bergheim
DSCN4849.jpg

怪物です。

これをグラスで出していた元職場もかなりいかついとは思いますが・・・。
これは本当にすごいです。


3つあるグラン・クリュを含め、ほぼ全部をデギュステさせてもらえます。
ひとつずつ、テクニカルも完璧。
DSCN4845.jpg

そして入り口近くに置いてある、土のサンプル。
Grand Cru Altenberg de Bergheim
DSCN4864.jpg

Grand Cru Mambourg
DSCN4865.jpg

Grand Cru Shoenenbourg
DSCN4863.jpg

これ、グラン・クリュだけじゃなくて全部の畑のものがありました。
すごい・・・。

さすがテロワールに生きる人・・・。
どれもこれもおいしすぎてびっくりです。

Grand Cru Altenberg de Bergheim 2005ともう1本買いました。

いや・・・モレ・サン・ドニで6本買ってしまってて・・・。


その後外へ出て、近くの畑へ行ってみました。
DSCN4877.jpg


そしてこのぶどう。
DSCN4880.jpg

ここがダイスの畑かどうかわからないんですが
(多分このあたり・・・とは思うのですが)

このぶどうの力強さ!

すごい!

エネルギー溢れる、とはこのことでしょう。


翌朝、まだみんな寝ている頃・・・

わたしはひとり6時半に起き、車を出して畑へ。

DSCN4741.jpg

朝日をあびたシャンボール・ミュジニィの畑は

これ・・・神様降りてきてる・・・?

ってくらい綺麗でした。

DSCN4745.jpg

途中現在地が分からなくなり、歩いて道を探す・・・。

あ、ここカーと思ってまた車の所へ戻る・・・。

高い塀の上に立っているわたし。

えい!

と飛んだらずべーーーーー!っと落ちてしまい、大事な本が土まみれ!!!

ぎゃーーーーーー!!!と言いつつ

「ここの土ならいいか」と前向きに捉えてみて再発進。

そうこうしてるうちに太陽はどんどん昇ります。
DSCN4746.jpg

ついた!
DSCN4756.jpg
4月にも行ったヴォギュエミュジニィの畑!
いました!
DSCN4763.jpg
ほら!
DSCN4758.jpg
すてき~~~~~

これ、チーズだと「かわいい~」なんですけど・・・
ぶどうは私にとって男性なのか???
かわいいっていう表現じゃないなぁ・・・。

そして
DSCN4779.jpg
ロマネ・コンティ
DSCN4807.jpg
すわってみた
DSCN4801.jpg
かっこいい~~~
DSCN4789.jpg

ほら、男性だ(笑)

最後にラ・ターシュ
DSCN4816.jpg
おはよう
DSCN4817.jpg


ボーヌ在住8年の友人に「実はこないだ行きました~」と言うと

「ぶどう、色気づいてムッチムチだったでしょ?」

ああ、この人には女性なのね、と(笑)



しかし今回は・・・朝の畑本当にきれいでした。

早起きしてよかったとか、そんな言葉じゃ言い表せないです。



感無量。



この一言に尽きる。



途中、ヴォーヌ・ロマネからニュイ・サン・ジョルジュに入るあたりかな?

道が細くなって、少し上り坂で、目の前が畑だらけで

あ~これもしかして天国へ続く道~?

って思いました(笑)幸せな光景でした。



ここに立つまでに費やした時間。とか考えてみる。

32年と7カ月と7日。(また7ばっかり)



まだまだがんばれるやろ。













BIST'ROCH ビストロック
22, Rue du General de Gaulle
Nuit Saint Georges
DSCN4723.jpg

Prieuré Rochというブルゴーニュのドメーヌ。

ブルゴーニュで自然派といえばまず出てくる名前。
当主のアンリ・フレデリック・ロック氏はマダム・ルロワの甥っ子さん。
そして現DRCのオーナーでもあります。

そのドメーヌが持っていた場所をバーとしてオープンさせたお店。
DSCN4722.jpg


この日はフラジェ・エシェゾーのシャンブル・ドットに宿泊。
ニュイ・サン・ジョルジュにあるBIST'ROCHまで歩いて(笑)行きました。


1時間かけて歩いて行って、汗だくの私たち。
まずビール飲ませてください・・・
DSCN4719.jpg


ってかこのビール1.5ユーロ。

やすっ!!!


そして飲むワインを決めましたが、ここは本当にバー・・・
バーっていうか・・・

立ち飲み屋にイスとテーブル置いてるだけ、くらいな感じ(笑)
DSCN4729.jpg



食事もできません(ToT)/~~~

なので、お店のお姉さんに
「1時間で戻ってくるから、抜栓して置いておいて!」
とお願いしたら快諾してくれました。


で、近くのカフェでご飯を食べ、すぐさま戻りました。
そしてワイン。
DSCN4733.jpg


プリューレ・ロックを語ろうなんざ100年早いわいって感じですが・・・。
書こうとしたけど書けません。
わたしヒヨっ子すぎます。
すいません。
過去3回飲んだのも含めて・・・まだ書けません。
いつか書けるようにがんばります。


で、その日の帰り。
今度は1時間半かけてゆっくり歩きながら帰りました。

ぶどう畑を抜けて、空を見ると 満天の星!!!

天の川まで見えました!




宿の大きな庭の芝生に 大の字 で寝転がって星を見ました。

ああ、きっと今人生で一番幸せかも・・・

って本気で思いました。



ブルゴーニュの満天の星空。

また何も言えなくなる景色に包まれました。





2009.09.03 アルボワ
シャモニーを後にしてジュラへ。

写真を載せまーす。


お宿近く。
DSCN4645.jpg
朝の散歩
DSCN4658.jpg
ぶどう畑
DSCN4667.jpg

アルボワの街にある教会
DSCN4673.jpg

この日のお昼ごはん。
ブレスの鶏のヴァン・ジョーヌ煮込み~~~~~。
DSCN4700.jpg
やっほ~~~~~~。
DSCN4703.jpg
Le SANJON ル・サンジョン
5 Avenue Ravanel le Rouge
74400 Chamonix Mt-Blanc
tel:04 50 53 56 44
DSCN4638.jpg

Raclette ラクレット
ラクレットは同じ名前のサヴォワ地方のチーズの断面をオーブンで温めて
とけてきたトロトロチーズをおいもなどにつけて食べる地方料理です。

日本で食べたら高いのよ~~~。

で、これを食べるのがシャモニーへ来たもう一つの理由。

ワインも頼んで
DSCN4622.jpg

気分はハイジ!!!

ハムたち。
DSCN4623.jpg
コルニッションたち。
DSCN4624.jpg
おいもさん。
DSCN4626.jpg

そして真打ち!!!
どどーーーーーーーーん!!!
DSCN4628.jpg

炭火です!!! 
素敵です!!!

アップです!!!
DSCN4634.jpg

さらにアップです!!!
べっぴんです!!!
DSCN4632.jpg


いやーーーーーーー!!!


とラクレット相手に写真を撮りまくるわたし・・・キモ・・・。


気分を落ち着かせて食べました。




でろーんと溶けたチーズをおいもにつけて~~~



うまい!!!



って「ねるねるねるね」バリのリアクションつきです。



もーホンマに幸せでした。



Chamonixバンザイ!!!




お天気はいいわ、町はかわいいわで最高でした。
DSCN4524.jpg
色んな食材屋さんで
DSCN4490.jpg
こんな
DSCN4491.jpg
べっぴんさんたちに
DSCN4492.jpg
出会って
DSCN4494.jpg
しまいました!!!
DSCN4495.jpg


かわいい・・・


ああ、すいません。いつもの病気です。

モン・ブラン初登頂したバルマトソシュールの像。
DSCN4503.jpg
これ見て!!! アイス祭り!!!
9個選んで10ユーロ!!! 食べたーい!
DSCN4509.jpg
カップルはチェス中です。
DSCN4523.jpg
お花がたくさん咲いてました。
DSCN4521.jpg
モンブランを間近で見れる展望台エギュイユ・デュ・ミディへ!

・・・まずは長蛇の列の中チケットを購入。
DSCN4480.jpg

買えたー!と思ったら予約券を渡され
「お昼に来てね」
ってことで2時間待ち・・・。
その間シャモニーを散策。かわいらしい町でした。

そしてついにロープウェーへ。
みんなテンション高いよー(笑)
DSCN4531.jpg
登って行くよー!
途中柱が3本あって、そこでかなり揺れる・・・。
これ結構怖かった・・・。
DSCN4538.jpg
ここからロープウェー乗り換え。
DSCN4544.jpg
まだ登るー。(後ろ向き)
DSCN4552.jpg
着きましたー。
DSCN4611.jpg
ここがエギュイユ・デュ・ミディの北峰。
DSCN4592.jpg


そして・・・・・モンブラン!!!
DSCN4601.jpg
真ん中の頂上がモンブランです。

すーーーーーーーーーーーーんごい天気よかったよ。

びっくりです。


帰りのロープウェーまで2時間あるので(指定される)
のーんびりしてました。
ただし・・・動き回ると日本人はけっこうしんどい・・・。

ここのカフェには「ヨーロッパで一番高い場所にあるポスト」があります。

日本の家族に絵はがき送りましたー。



今まで生きてきた中で一番目の前が青い一日だったかも・・・。



エギュイユ・デュ・ミディの思い出は
どれもこれもすんごいきれいな「青色」なのです。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。