上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Lakkas ラッカス
25 rue du Bain-aux-Plants
Petite France Strasbourg
tel:03 88 32 05 26
DSCN5521.jpg

途中寄ったお店のおじさんに教えてもらったお店。

最後もやっぱりアルザス料理が食べたいねーってことでやってきました。

20時オープンでたまたま時間ちょうどにやってきた私たち。

すんなり座れたものの、すぐに満席に。ラッキーでした。

この日はロニョン・ド・ヴォ(仔牛の腎臓)
DSCN5513.jpg
ガルニチュールの耳たぶパスタ
DSCN5515.jpg
ほんとはタルト・オニョンもあったんだけど、食い気にやられて食べてしまいました。

ワインは、贅沢に・・・うしし。
DSCN5517.jpg
ハーフ2本にしちゃいました。おほほ~。
DSCN5518.jpg
リースリングとこちら様。
えへへ~またシュークルート!!!
DSCN5516.jpg

う~ま~い~酸っぱい~最高~

で、すっかりよっぱげた私たち。

この後、あのUFO写真を撮ってしまうのです(笑)


酔っ払った三十路たち(一人はまだ未三十路)

わりと乙女。

かなり仲良し。

で、こんな事して遊んでた(笑)
DSCN5519.jpg

あ~ほ~


コルマールのアンティークショップで見つけたこの方も残念そうな顔だわ。
DSCN5552.jpg


なんでキャンディ!? (2,5ユーロ)

スポンサーサイト
メゾン・フェルベールを後にするわたしたち。

なんとクリスティーヌ・フェルベールご自身が運転する彼女の車で

コルマールの駅まで送ってくださるとのこと!!!

お仕事でお疲れなのにすごく恐縮でしたが、乗せていただきました。

そして駅でお別れし、また電車。

電車でクグロフをほうばる「チーム・食いしん坊万歳」

着きました、ストラスブール。
DSCN5496.jpg
この・・・ノートルダム大聖堂のでかいこと・・・
これめっちゃしゃがみ込んで撮ってます。
母は偉大なのよ。
DSCN5504.jpg
実はコルマールのホテルにバスタブがなかったので

張り切って買った入浴剤が使えませんでした。

でもストラスブールのホテルにはあったので

この日は交替で湯船つかるぞ会を開催。

カカオバターでしーーーーーーーーーっとりになりました。



では、次がアルザスラスト!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。