上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.24 申込
1月28日。
卒業証明書の法廷翻訳が終わり、それを受取って一路ソルボンヌへ。

実はこの前日、ある日本人の方とお食事に行ったのですが、
私よりお若いその方の会話力に、再び自分の無力さを感じてしまい
(彼女はフランス初心者の私の色んな疑問を、解決してくださいました。)
こんなんで学校行っても大丈夫なんだろうか、そもそもちゃんと
申込できるのだろうか・・・とすごく不安になっていました。

しかし、私はこのためにパリへ戻ってきたのだし、MaryseやLeatitiaも
応援してくれているではないか!日本の友達も、家族もみんな応援
してくれているではないか!と情けない自分のお尻を叩き上げ、
昨日お会いしたK子さんにいただいた地図を頼りに歩みを進めます。

ここか・・・と思って入ったその場所は、神戸でいうなら
栄町あたりにありそうな「会館」チックな建物・・・
受付のおじさんに「この番号札持って地下へ行ってね」と言われ
おずおずと地下へ降りていく。

そこは多分、映画を上映したりもできるだろうし、講演会を開いたりも
できるであろう小さなホール。もっと人がいっぱいいるのかと思ったら
結構がらんとしていて、5,6人の人が座って順番を待っていました。

そこに座り、自分の番号が呼ばれるのを待っていましたが
みんな明らかに英語かフランス語でしゃべってます(*_*)

えーーーー!?わたし話できるんかなぁーーーーー!?

と思いましたが、私にはすでに支払いを済ませたという画面を
プリントアウトしたものという非常に強い味方がおり(笑)


わたしの番号を呼んだお姉さんにそれを見せ、

「支払は済ませてます。」

と言い、パスポートとビザの確認、そして卒業証明書を見てもらい

「大丈夫よー。受けたいクラスはもう決まってる?
じゃあ明日以降もう一度、今度はソルボンヌの方に行って。
いつがいい?明日でもあさってでもいいわよ」

とのこと。最初はアポを取りに来るのみ、とは聞いていたので
翌日はMme.Boéglinと賃貸契約書をかわす約束をしていたのと
かなりの規模のストがあるとのことで、
自宅からソルボンヌまで歩いて30分くらいで着くのだが
(実際わたしはソルボンヌへ行った際は、片道は歩くようにしている)
なんかあっても嫌だし。メトロに乗ろうにも動いてないしなので
「金曜日の午前中に来ます」と言うと
「じゃあ今日持ってきた書類をもう一度全部持ってきてね」
と言われその日の手続きは終わりました。
比較的わかりやすく話してくれたのだと思います、今日のお姉さんの話は
聞き取れたし返事も返せた。

なんかもうそれだけで結構うれしいのです。
それだけで結構、空がきれいに見えたりもするものなのです。

そして家へ帰り、途中パニーニの安い店(2ユーロ)を見つけ、
心が揺れたが買わなかった(笑)
最近の食生活

朝:バゲットとコーヒー
昼:スープ
夜:バゲットとスープ

ちなみに朝と夜のバゲットは同じものを半分ずつです。
毎日夕方に買いに行っている。
このアジア人最近毎日来るな…と思われているだろう(笑)

途中コーヒーを多い時は5杯くらい飲んでます。
3食は食べるようにしています。
最近のこのストイックな食生活を見ると、そこまでする必要があるのか
と言われそうですが、今は冬であちこち出かけるでもなく、
私の本番な季節は今からなのです。

今無駄遣いをしていては持たないのだ!

そして日本からの友人や、こっちで再会する友人と一緒のときには
食べたい物を思い切り食べたいなぁと思います。

少なくとも行きたい星付きレストランは最低でも…5か所か?
うん。なので無駄遣いはできないのです。

今日もバゲット(はあと)

近所のブーランジュリーのバゲットがむちゃくちゃおいしいおかげである。
たまに贅沢してガトーも買います。
ガトーとバゲットで3.5ユーロくらいかな?
幸せ~。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://vinfromage.blog41.fc2.com/tb.php/14-e423cb0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。