上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして、口座開設。

場所:LCL(クレディ・リヨネ) ピラミッド支店 20 Avenue de l’Opéra

ここまでは教えてもらいました。

場所もすぐわかりました。中に入ると、色々日本語で説明書きとかもあって
日本人のお客さんも実際多そうでした。
そしてランデヴー取りに来ましたーと言いたかったのですが、受付のお姉さんが
つかまっていて、なかなか終わらないのでウロウロしていると、
フランス人男性の行員さんに声をかけられました。


「何かお探しでございますか?」


びっくりするくらい日本語がお上手なその方はM.Dupont
Jun Dupontというお名前だったのでもしかしたらハーフかも?

そして自分がワーホリビザで来ているが口座開設が必要なこと、
今日はランデヴーを取りにきたのですが、と言うと。


「大丈夫ですよ。必要書類はお持ちですか?」
と聞かれ、念のため賃貸契約書も持ってきていたのでそれを伝えると


「では30分後にもう一度お越しください。今日手続きできますから」
と言われました。


えー!?今日できるのー!?マジうれしー!!!


と跳ね上がり、そのまま向かいのモノプリで時間つぶしの物色。

話が逸れるが私は大のモノプリ好きである。カジノも捨てがたい。
子供のころからスーパーマーケットは身近な存在で、
過去にはスーパーマーケットの上階のマンションにも住んでいた(笑)

スーパーマーケットの束縛されない感じが好きである。
大きければ大きいほど良い。
小さいスーパーはなんか急かされてる気がしてダメ。



そしてモノプリで30分遊んだ後、再度LCLへ。
さっきのM.Dupontがいらして、事細かく説明してくださいます。
そして口座はいくつも分かれていて、私のように引き落としに使うのは
「当座」が必要であると説明してくれた。小切手も使えます。

そしてなんやかんや説明され、この際なのでカルト・ブルーにVISAもつけて
(つけないようにしようと思ったが、日本のカードが何かの拍子に使えなくなったら
 困ると思い、またM.Dupontの滑らかなセールストークにより(笑)つけました)

ネットバンキングできるようにもしてもらい、
とにかく日本語で安心して口座を作ることができました。


しかし、フランスって結構小切手社会…
この辺が分かりづらいのだが…というのは口座に最初に入れるお金を
T/Cで入金したためですが。これでいいのかな?という感じがどうも不安です。


なにはともあれ、無事口座開設できました。
私は残り11カ月の滞在のため、非居住者扱いで開設しており、
本来の住所は日本であり、その住所での登録になってます。


もちろん現住所に郵便物(暗証番号が書かれた案内等)は送ってもらえます。


あとは、ワーホリ後期はもしかしたら住所不定になるかもしれないので
ネットで色々管理できるようにしました。


驚いたことにこちらの支店では、口座の説明や、ネットバンキングの
使い方まで、日本語のマニュアルを渡していただけます(一部手書き)


今回思ったのは、口座開設を無理してフランス語でしなくてよかった、という事。


情けないのですが、お金に関する様々な手段や、個人情報に関わる事柄を
フランス語で理解するのはまだまだ到底無理です!
しかも日本の銀行のシステムとはちょっと違うので、同じつもりで行って
説明を聞いても多分全然意味わかんないはず。
まず「当座」を開設するとは思わなんだもん。


LCLオペラ支店には日本人スタッフ以外にも、日本語の話せる(完璧)
フランス人スタッフもいます。開設後に不明な点もきちんと理解できる言語で
問い合わせできるというのは、本当に心強いです。


そしてワーホリでも普通に口座開設はできます!
定住地が決まり、それを証明するもの(私は賃貸契約書)があれば大丈夫!
ワーホリの方も、ぜひ口座を作ってください。


いきなり必要って言われたら…焦るよ?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://vinfromage.blog41.fc2.com/tb.php/18-4032518f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。