上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれからバゲット購入(*^_^*)

やっぱり新しく焼いてました!
いつも行くぐらいの時間に行ったらちゃ~んとありました。

しかし…ひとつ気になってるのですが。

最近ここのバゲット、縮んでる。

なんかね、細くなってんの。
わたしがここに住みだしてから、このバゲットを買わなかったのは
初日と、日曜日と、昨日だけ。
つまり6回買ってるんだけど最近どうも細い…

細いと思いだした日からずっと寒いのね。いや、ほんとに比例してる。
なんかちょっと寒いかも~って思いだしてから、バゲットが細い…
わたしは製パンはあまり詳しくありません。
気温、湿度が影響するのは知ってるんですがこれはそれが関係しているのでしょうか?

もしご存知の方がいらっしゃれば、その可能性があるのか教えてください。
気になりだすと解決しなきゃ気が済まないのです…こういう時ネットができないって辛い!

そして!Langreちゃん!
写真いっぱい撮った(笑)

DSCN0340.jpg

Langreちゃんって呼んでますが、フランス人の彼氏ができたわけでも
彼女ができたわけでもなくって、チーズの名前です。


これはシャンパーニュ地方のチーズで、牛乳から造られる周りがオレンジ色の
ちょっと風味の強いウォッシュタイプ、と呼ばれるものです。
フォンテーヌ(泉)と言って、頭の真中がへこんでいるのが
伝統的なLangreちゃんのお姿でございます。


河童に皿があるようなものだと思ってください。
(ないと河童じゃないでしょ?)

なんか…日本だと、ウォッシュって強い香りと、強い風味が魅力とされてますが
こっちへ来てそうじゃないのかも…と思いました。
むしろ繊細さが魅力なのではないかと…


今日食べたLangreも香りはしっかり出ていますがとにかく上品。
味も塩もそんなに強くないし、これはMG13%とあったのでかなり軽め
だとは思いますがおいしい!
本当に口の中に風味が広がって、しかしそこは軽めなのでシャープな
感じもしてます。これ本当においしい!

スミュールでEpoissesを食べた時も思いました。
(エポワス:とっても美味なブルゴーニュのウォッシュタイプのチーズの名前)

なるほど! こりゃはブルゴーニュの赤に合わせたくなるわ! と。
すんごい納得。そうか!と思いました。
力強いからじゃなくて、繊細だからなんです。

そしてこれに関しては、後日三日月姫様に質問して、近年の

「軽い傾向」

と合わせてという点ですごく納得できました。
そりゃそうですね。料理もワインもそうだし。

体のためにもという点でも納得。
昔の人はたっぷり栄養取らなきゃいけなかったけど
現代人は控えないと逆に体壊しますからね・・・


こっちへ来てから、Chèvre(シェーヴル:ヤギさんのチーズの総称)の身近さとか
(わたしはサンドウィッチやパニーニはいつもChèvre入りにするし、
 パリで一番最初に食べておいしくて感動したのも
 Chèvreの入ったクロワッサンを温めてもらったものだった)

やっぱりちがうなぁって思います。
いや~おいしいんですシェーヴルが…特に温めたのが…じゅるり。
おっと失礼。

今日はチーズ屋さんでなんかセミハードの試食もさせてもらいましたが、

甘い!ミルクの甘味がすごい!

見るだけ~と思って店に入ったのに、試食に気を良くして
なんか買いたくなって買いましたからね(笑)

今日はなんとこのLangre様を…ひとりで半分食べてしまった!!!(笑)

DSCN0341.jpg

自分でもびっくりしました。
チキンはやめました。

そしてセップのスープとバゲット。
チーズで結構お腹いっぱいになって(贅沢)バゲットもいつもほど食べず、
今まだ食後のコーヒーも飲めな~い。

あ~幸せ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://vinfromage.blog41.fc2.com/tb.php/20-d9905e55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。