上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Leatitiaのこと

わたしよりひとつ年上のLeatitiaはすんごいかわいい。

彼女は製本工芸のアーティストで、本はもちろん、絵画も
大好き。そして猫が大好き。

ご主人は5つ年下のFabien。
LeatitiaはFabienの写真いっぱい持ってた。
家族の写真もいっぱい持ってた。

Leatitiaの携帯の待ち受け画面はマリー・アントワネット。

マリー・アントワネット好きなわたしは、
Leatitiaがマリー・アントワネットフリークだと知らなかった頃、
ヴェルサイユがすごく好きだという話は聞いていた。

「本当にきれいよ!」

と話は聞いていたが、私はフランス人がマリー・アントワネットを
どう思っているのかわからなかったのであえてその時は聞かなかった。

フランス人だからこそマリー・アントワネットが嫌いという方が納得がいくからである。

しかし彼女は違った!

むしろ元祖マリー・アントワネット好きだった(笑)

Leatitiaが高校生の頃

「18世紀の人物について4枚、レポートを提出しなさい」

という課題が出たらしいのだが、彼女は迷わず題材にマリー・アントワネットを挙げ、

なんと50枚のレポートを書きあげたらしい !!!

すごい ! 本当にすごいと思った !
そのレポートは今でもお母さんが実家に置いているらしい。家宝やな(笑)

Leatitiaいわく、ちょっと前に公開されたソフィア・コッポラの映画
「マリー・アントワネット」のおかげで彼女のイメージはちょっとよくなったとか。

それまでは多くのフランス人にとってマリー・アントワネットはやっぱり…
な存在だったようです。Leatitia自身、「マリー・アントワネット好き」というのは
少数派だったと言ってました。


そして彼女が以前飼っていた金魚の名前が

「ヴィヴィアン・リー」と「クラーク・ゲーブル」だそうです。

その話をしてた時に「見た? Gone with the Wind!?」と聞かれたのですが
はい、もちろん。私のこの世で一番好きな映画のひとつですから(笑)


わたしには一番好きな映画がふたつあって、それは
「風と共に去りぬ」と「ベティ・ブルー」です。


国が違うのでふたつという事で勘弁してください。
とてもじゃないけどどちらかを選ぶなんてことできません !

「風と共に去りぬ」はとにかく人物に惚れてます。
スカーレット・オハラ大好きです。レット・バトラーのような人を探してます(笑)

レット・バトラーと真山徹、加持リョウジ。共通したものがないですか(笑)

何回も観ましたが、確か去年の始めごろ、久しぶりに観た時に

私ってスカーレット・オハラの影響受けまくってんな!!!

と自分でもびっくりしました。

明日は明日の風が吹くし、やると言ったらやるんです

時すでに遅しな人生にならぬよう、フランスへ来たわけですが。
(十分遅いけど・・・)

対して「ベティ・ブルー」は映画の雰囲気に惚れてます。
美しすぎるのです。わたしのピアノ好きはこの映画の影響もあるかもしれない。

でね(話逸らしすぎ)Leatitiaも好きなんだろうね、すごい力んだ説明だったから。


この共通点はなんだと(笑)


ただLeatitiaには「わたしも好き!」とは言ったものの、どちらも
そこまで好きというのは伝わってないと思う。
そこはまた会えたときに伝えたいなぁ。

ところで、Leatitiaの金魚。

クラーク・ゲーブルはヴィヴィアン・リーに
食べられたらしいよ。


これがマジでウケた(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://vinfromage.blog41.fc2.com/tb.php/23-aca09e5b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。