上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AUGUSTE オーギュスト
54 rue de Bourgogne
75007 Paris
Tel:01 45 51 61 09

ひとつ星ブーーーーーム☆

やっぱり関西人なので「コストパフォーマンス」に目が行きます(笑)
そうやって考えると二つ星って損だなぁ・・・
評価の高いひとつ星でいる方がいいでしょうね・・・


一見「まだ開いてないの?」なこの外観・・・
GetAttachment10.jpg

中は・・・モダン。
日光が入りすぎるとしんどいのかしら?
GetAttachment8.jpg

ここのシェフはムーリスのヤニック・アレノの下にいた人。
カメが好きなんだって。

テーブルに座るとまずGougèreをもらえます。
そりゃアペ売れるわな、な方式。
自分でもこれやってましたがテーブルに出てくるよりも
自分の手で取る方が効果的、と思った。

んで今日のワイン。
また・・・Ganevat
GetAttachment6.jpg

Ganevatは本当によく飲みました(笑)
あとはジュラまで行ってオンファリネを飲むのみ!

お昼のムニュで
セロリのカネロニ。ガスパチョ仕立て。
GetAttachment2.jpg

ヴォライユ。ソースはビスク。小さなパートを添えて。
おいしかったけどパート続きなのとやっぱりビスクは少量でいいかも。
焼きがしっとりだっただけにちょっと重く感じました。
GetAttachment5.jpg


苺のデセール。レモンのムースとコンフィ。
GetAttachment7.jpg


そしてカフェ。これいいな・・・
ん・・・?ん・・・!?これは・・・!!!
Jacques Genainのマンゴーパッションのキャラメル!!!!!
GetAttachment9.jpg

また出会ってしまった!!!
う~ん。こりゃ運命だな。お土産にするしかないか・・・


その後酔っ払いながら(久しぶりにアペにシャンパーニュ飲んだので)
ロダン美術館へ。
今日はお庭のみ。

爆睡なわたし(笑)
目覚めてこの景色。
GetAttachment11.jpg

一気に目が覚めた・・・

ロダン・・・すごい・・・


その後ブティックで見つけたこれ。
DSCN3742.jpg


めずらしく一目ぼれして買ってしまいました。


うん。普段物欲が少ないだけに(食欲と睡眠欲だけで生きている)
ほしい!と思ったものはできるだけ買うようにしている。


これもまた、ひとつの出会い。




2009.06.18 FOGON
Fogon フォゴン
45, quai des Grands-Augustins,
75006 Paris
TEL:01 43 54 31 33

ひとつ星のスペイン料理のお店です。 
DSCN3733.jpg

パエラをメインにしたムニュと、タパスのムニュ2種類があります。

とにかくおいしいパエラを食べてみたくてパエラムニュに。

今日のワイン。
スペインの白大好きです。
DSCN3721.jpg


まずアミューズ。
2種類のガスパチョ。
白いのはアーモンド。緑はロケット。
DSCN3722.jpg


んでタパス。
DSCN3726.jpg


ムニュタパスはずーっと少しずつ出てくる内容で
どんだけ出てくるかわかってないとキツそうだった!!!


そして・・・キターーーーーッッッ!!!!!
どどん! とパエラ。
イカとサフランのパエラ。
DSCN3728.jpg


これめっちゃおいしかった!!!
感激~~~~~!

右手に見えるフォークは大きさ比較で友達が持ってくれました(笑)

わいわいお話しながらでっかーいパエラを二人占め!!!

かなり満腹!!!


そしてデセール。
デセールもタパスにしてみました。
DSCN3732.jpg


このタルト型で出てきたのが本当に可愛かった・・・


はぁ~おいしゅうございました。

実はこの日、Louis Vinsで行われた試飲会に行ってました。
朝一で行くとまだ2つの造り手さんしかいない・・・
Louis Vinsのオーナーさんがいたので
「もう始まってます?」ときくと

「もちろんだよ!!!」 ほんまかいな(笑)

のんびり試飲会参加。
午後になる頃には10組全部そろってました。

そして午後からはプロヴァンの「中世祭」に行く予定だったのですが・・・

わたしが電車の行き先を間違え・・・


全然関係ない街に
友達を連れて行ってしまいました・・・!!!


かなりショック・・・

ほんまショック・・・


パエラおいしくてよかった・・・
2009.06.04 Pierre Gagnaire
Pierre Gagnaire ピエール・ガニェール
6 rue Balzac
75008 Paris
Tel:01 58 36 12 50

わたしはガニェールが大好き。

レストランの最大の魅力であるワクワクとドキドキが
無限大なレストランだと思っています。

昔チーズプロフェッショナルの二次試験で東京行った時に
その時働いてた店のシェフに薦めてもらって
東京のガニェールでひとりフレンチしました。

もう最初から最後までとにかく楽しくてありえないくらい食べましたね(笑)
フランスに来たら絶対行きたい店の一つでした。

今回はお友達と5人でやってきました。
わたしは来る前から決めてました。

「今日はアラカルト」と!!!

なにがどれだけ出てくるかアミューズの時点で全く予測不可能な
ガニェールのムニュは怖い!!!なので食べたい物を選ぶ。
今日はプラ・フロマージュ・デセールです。

いつもどおりアペなし。水でスタート。

ずら~りアミューズ
DSCN3080.jpg
ワインリスト。
DSCN3083.jpg
今日のワイン 1本目
Gewurztraminer Cuvée Théo 2007 Weinback
DSCN3100.jpg

女性が多かったのとなんだか気が向いてゲヴュルツにしたら
アミューズが結構甘くてスパイシーなものが多くて
アペを取らなかった私たちにぴったりでした。

こんな偶然もあるのね・・・

2回目のアミューズ
DSCN3084.jpg
じゃあ2本目のワイン
Morey-St-Denis Clos de la Bussière 2002 G.Roumier
DSCN3099.jpg


来た来た。
DSCN3086.jpg
今日はRis de Veauにしました。
すっごい大きいよこれ!!! 
DSCN3088.jpg
そしてもちろんこの皿だけでなく
あと2皿つく。これがガニェールでは普通のスタイルです。
左はミラノ風のカツレツ。右はお野菜なのですがこれも甘くてスパイシー。
DSCN3087.jpg

これ全部で一つのテーマの料理の完成。

フロマージュは6種類ある中から3つ選んで
3つの料理に仕上げて出してくれます。
これもガニェールならでは。絶対フロマージュは食べようと思ってた。


まずフルム・ダンベール スフレ状に近いかな?
それにりんご。
DSCN3093.jpg
コンテ2004(ヴィンテージ書いてた・笑)
アミノ酸が~~~~~シャリシャリリしてる~~~~~。
と、かりんだった・・・か?
DSCN3096.jpg

もうひとつあるはずのシュヴロタンの写真がない・・・
なんで・・・
シュヴロタンはまわりだけ炙ったみたいな感じでサラダ仕立て(なはず)

では!シメに!
スフレ・ショコラ!!!
DSCN3105.jpg

これが食べたくて来たようなもんです(笑)
はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~濃厚~~~~~~。

幸せでした!!!

「厨房のピカソ」
Pierre Gagnaire氏の料理はいつも新鮮で楽しくて驚きがいっぱいで
食べるだけで自分も1歩前に進めたような気がします。
どの料理がどういう印象を持ってほしいのかなんて分かりません。
分かりませんが食べる側にはそれを
楽しむ特権が与えられてると思うんですね。

自分を新しいところに連れて行ってくれる。。

星のようにちりばめられるたくさんのお料理。
たくさんの楽器で構成されるオーケストラのようです。

わたしはGagnaire氏の料理が好きです。




LA MOSQUÉE DE PARIS
39 rue Geoffrey Saint-Hilaire
75 005 PARIS
Tél. : 01 43 31 38 20

DSCN2823.jpg


クスクスを食べに行ったのに、タジンがおいしそうすぎて負けました!
仔羊とプルーンたっぷりのタジン。おいしすぎ・・・
DSCN2804.jpg

こーひーつーじ、とーろとろ(笑)

ごはんのあとは・・・
ミントティ!
DSCN2806.jpg

至福・・・

その後お向かいの大きな公園の中にある

進化大陳列館へ!

不思議な名前のこの博物館。
お友達がこないだ行ったよ~とのことでわたしも行ってみました。

確かに・・・
進化大陳列されてました!
DSCN2816.jpg
ずらずらずら~
DSCN2820.jpg

これ剥製なんですよ・・・
わたし実は剥製苦手なんですよね・・・
実家に雉の剥製が昔からあって、どうも苦手だったのですが
パリの不思議は体験してみたい!と思い行ってきました・・・

広い館内のどこにいても、どこからか動物がこっちを見ている・・・

不思議な光景でした・・・

なんでこんなんつくったんでしょうね・・・

2009.05.11 Guy Savoy
Guy Savoy
18, Rue Troyon
75017 Paris France
01 43 80 40 61
DSCN2432.jpg

2002年から☆☆☆のGuy Savoyに行きました。
帰るまでに絶対行こうと思っていたレストラン。
こんなに早く行けて幸せです!

ここは期間限定のプロモーションがあって
今回利用したのは100ユーロのムニュで
通常のコースポーションの半分の量でお出しします、というもの。

しかし前菜2品とプラ、デセールは全部選べて
その後のシャリオデセールも普通にいただけます。

量が食べれないわたしにはとってもありがたいお話です!

実を言うと、今後行くレストランではGuy Savoy以外は
アラカルトにしようと思っていたのです。

無理無理。食べれません!
食べれないの分かってて色々食べたいからって、残すのも嫌だし・・・
お腹いっぱいになりすぎて何が何だか分からないのも嫌だし
とにかくお腹いっぱいになるのが苦手なんです・・・
DSCN2435.jpg

そして学習したわたくしは今回もアペはノンアルコールです。
ここではフレッシュのオレンジジュースとグレープフルーツジュースを
半分ずつで出してくれました。あ~これ昔職場でよく飲んだわ(笑)

ワインリスト
DSCN2438.jpg
リストを置いて行く時に
「日本の歴史は学校で、フランスの歴史はレストランで学びます」
と言ってワインリストを置いて行きました。

かっこいい~ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

そしてまた今回も全部見れなかった・・・
「もうちょっと」「まだ」と伸ばし伸ばしにするのに

「マダ~ム、いかがいたしましょう~」

って聞きに来てくれるんですよね・・・
はい・・・選びました。
全部見終わってないけど・・・見たいのに・・・
まぁでも一緒に来ているお友達を、あんまり待たせるのもいけないんですが

ってことではい、今日のワイン!
DSCN2449.jpg

DSCN2450.jpg
Anne GrosのChambolle Musigny 1er cruは先日行った
Agapéでオーダーしたけどストック切れでなかったものと同じ!
同じお値段!運命や~ん!と思って即決めでした!

どちらも予想を超えてくれるくらいのおいしさ。
特にSaint-Aubinは思ったよりミネラルがしっかりで、おいしかったです。

Chambolle Musignyは先にデキャンティングして、それから1時間後に飲みました。
・・・もう好きすぎなので多くを語れません(笑)
香りだけで身が引き締まるというか、あの香りをかぐだけで
今からすごい楽しい事が始まるんだわ~とテンションが上がる(笑)
上がりつつもわたしの神経をギュッと引き締めてくれるような、あれは魔法やな。

すごいわ・・・

って思い出にひたってないで料理を進めなきゃ!
牡蠣
DSCN2440.jpg
グリーンアスパラガスと蕪の煮込み
3年熟成のミモレットの香り(!)
DSCN2441.jpg
Côte de veauのロティとトリュフ風味のポテトピュレ(!)
DSCN2442.jpg

イモピュレがおいしかった・・・思い出すだけでほにゃ・・・となるわ。
しかし肉の火入れ・・・Roséで頼んだのですが・・・
これはちょっといっちゃってます。これはNG!おいしいんですけどね・・・
デクパージュ中に余熱が・・・ってこともないだろうし。
う~ん、ちょっと残念。ちょっと重く感じてしまいました。

ここは料理ごとに違うパンを用意してくれます。
選んだ料理によっても異なるパン。
カンパーニュにレモン、海藻など色んな物がありました。

Avant dessert
DSCN2443.jpg

Mille-feuille バニラだらけ(*_*)
DSCN2446.jpg

で、これが終わってからシャリオデセール(*_*)

お茶を頼んでミニヤルディーズ。以上です。

しかしここのサービスの方々、本当に楽しい方々ばっかり。
特に私達のテーブル担当だったユべールさん。
結構偉い人だと思うんだけど、とにかく楽しませてくれる。

久しぶりにお店に入ってから、帰りまで一回も時間を気にしませんでした。
というか時間を気にするということを本当に忘れて楽しみました。
これはなかなかできない経験。本当に楽しかった。

お土産のお皿ももらいましたし!
でも1枚しかないからもう一回行って2枚持って帰りたいな(笑)

Guy Savoyの皆様本当にありがとうございました。
これからも素敵なレストランであり続けてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。